空腹時でもないのに食後にお腹が”グーッ”!食後にお腹がなるのはどうして?
146views

空腹時でもないのに食後にお腹が”グーッ”!食後にお腹がなるのはどうして?

お腹が鳴る、といったら空腹時を思い浮かべる人が大半だと思いますが、お腹は満腹時や食事の後も鳴ることがあります。食後にお腹が鳴る原因やお腹が鳴るメカニズムを知ることで、気になる食後にお腹がなる症状を改善することができるかもしれません。また、お腹をなりにくくする食事方法もチェック!

お腹が空いていないのにお腹がなって困ったことありませんか?

食後にお腹が鳴る

近くで「グーッ」とお腹が鳴っている音を聞くと、おそらく多くの人は (この人お腹が空いているのかな?) なんて感じると思います。
しかし、中には (お腹いっぱい食事をした後なのにお腹が鳴った!なんで?) なんて困っている人もいるのではないでしょうか。

“お腹が鳴る”・・・この現象はお腹が空いたときに発生することが多いのですが、実はお腹がいっぱいの時や食後にも発生することがあります。
お腹がいっぱいの時や食後にお腹が鳴る音は、空腹時になる音の原因とはまた少し違います。

では、食後にお腹が鳴るメカニズムはいったいどのようになっているのでしょうか?

食後にお腹がなるメカニズム

お腹の音が鳴る状態として一番多い“お腹が空いているとき”に発生するお腹の音は、胃が空腹時に緊張性の収縮を繰り返すことにっよって胃内部の空気やガスが移動するときの音でした。

しかし、食後になるお腹の音は空気の移動ではなくて“消化”によるもの。

食後のお腹のメカニズム

まず、私たちが食事をすると歯によって体内へ取り込みやすいように、細かく噛み砕かれます。
次に食道を通り、腸が蠕動運動(ぜんどううんどう)を繰り返し一時的に腸に蓄積されます。
胃の中にはタンパク質を分解するペプシンという分解酵素が含まれている胃液が溜まっていて、胃液によって食物は胃の中でゆっくり分解、エネルギー変換に必要な栄養素と老廃物に分類されます。

この消化中に起きている腸の蠕動運動こそがお腹の音の原因です。
蠕動運動によって激しく腸が収縮を繰り返しているときに、食事中に飲み込んでしまった空気や食物の発酵によって発生したガスは蠕動運動に合わせて腸内を移動します。

この空気やガスの移動時になる音が“食後になるお腹の音”の正体なのです。

食後にお腹が頻繁に鳴る場合は腸内環境が乱れているかも

腸内環境の乱れ

腸内環境とは、腸内に常在しているビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌とウェルシュ菌やブドウ球菌などの悪玉菌のバランスによって変化します。
まず、正常な腸内環境は約8:2の割合で善玉菌が多く存在しています。
この場合、悪玉菌がなにか悪さを始めようとしても善玉菌がすぐに気づいてストップをかけるため腸内環境は正常に保たれ消化・分解・吸収・排泄がスムーズに行われています。

しかし、何らかの原因で腸内の善玉菌が減少し悪玉菌が増えてしまうとたちまち腸内環境は悪化・・・

腸内環境が悪化すると、悪玉菌が腸内で有害物質を生成し腸の蠕動運動を低下、胃の働きや排泄機能も鈍くなってしまいます。

そうなると、体内に摂取された食物は腸や胃にとどまる時間が長くなりやがて発酵や腐敗を始めるのですが、その時に大量の有毒なガス発生します。
大量に発生したガスは本来ならばおならやげっぷとなって体外へと排出されなければいけないのですが、悪玉菌によって排便機能も低下しているためスムーズに排出することができずにお腹の中に溜まったままになります。
すると、溜まったガスの移動によってお腹の音が鳴りやすくなるのです。

慢性的な便秘やガスによる下腹のハリなどの症状があり、食後にお腹が頻繁に鳴る・・・・そんな場合は、食生活や生活習慣を見直し腸内環境を整えることで腹鳴りの改善が期待できます。

PR