女性に嬉しいおからの効果【更年期障害の軽減、美肌、骨粗しょう症の抑制】
163views

女性に嬉しいおからの効果【更年期障害の軽減、美肌、骨粗しょう症の抑制】

大豆から豆乳をつくるときに出るおから。おからには女性にとってうれしい効果がたくさんあります。女性にとって悩みの種となる更年期障害を軽減したり、若々しい肌を保つ効果があったり、骨がもろくなるのを抑制したりと、おからの効果は絶大です!

女性にとってうれしいおからの効果

おからの効果

イソフラボンやサポニン、レシチンなどの成分は、大豆に含まれている成分。これらの成分は、女性にとって魅力的な効果を発揮してくれます。どんな魅力があるのか、おからの効果をご紹介しましょう。

おからの効果【つらい更年期障害の軽減】

おからで更年期障害を軽減

女性は閉経の前後10年に、心身の様々な変化を経験します。だいたい45~55歳が更年期です。この時期には、めまいがしたり、息苦しく感じたり、疲れやすかったりという体の症状や、イライラしたり気分が落ち込んでうつ状態になってしまったりという心の症状があらわれます。更年期障害が出るのは、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するためです。

おからには多くの大豆イソフラボンが含まれています。このイソフラボンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きをします。卵巣からでるエストロゲンの量が少なくなっているため、似た特徴の大豆イソフラボンをとることによって、つらい更年期の症状を軽減させることができます。

更年期障害の症状の1つに骨粗そう症があります。女性ホルモンのエストロゲンは、骨を丈夫に保つ効果があります。エストロゲンが減少することによって、骨がもろくなり、ちょっと転んだだけで打撲で青あざが残ったり、骨折をしてしまったりします。おからの大豆イソフラボンは、骨粗しょう症を抑制してくれる効果もあります。

年齢とともにハリが失われるバスト。大豆イソフラボンは、バストアップにも効果が期待できます。女性ホルモンのエストロゲンが女性らしさをつくっており、おからに含まれる大豆イソフラボンがその代わりをしてくれます。

おからの効果【きれいな肌をキープ】

おからで肌をキープ

歳を重ねるとともにお肌のハリやみずみずしさが失われていきます。今まではメイクが肌になじんでいたのに、目尻のアイメイクがしにくくなったり、ファンデーションが肌にのらなかったりと、お化粧のときに色々な悩みが生じてきます。
血流が滞っていると、お肌にハリが生まれません。おからに含まれる大豆サポニンは、血液をさらさらにしてくれる効果があり、お肌をきれいにしてくれます。大豆サポニンは、血管にまとわりつくように流れるドロドロの血液を、付着した脂肪を掃除してさらさらにしてくれます。

おからの効果【脂肪の代謝】

おからで脂肪の代謝

おからに含まれているレシチンという成分は、血液が固まるのを防ぐ脂肪代謝機能があります。血液が固まってしまうと動脈硬化を引き起こす恐れがあります。血管内にコレステロールがついてしまうと、動脈硬化のほか、心臓病や脳卒中などの病気に掛かりやすくなってしまいます。これらの病気を予防するためにも、レシチンの含まれるおからを食べることが大切です。

また、レシチンの脂肪代謝効果は、ダイエットとも強い関係があります。血液中にコレステロールが増えると、肝臓に戻ります。コレステロールが肝臓に戻されるときには、リポタンパクという成分に付着して移動をするのですが、これらを結び付けているのがレシチンになります。おからに含まれているレシチンをとることで、体の中の余計なコレステロールをしっかりと運ぶことができるため、ダイエットに効果があるのです。

女性にとって魅力的な効果がたくさんあるおから。早速今日からおから料理を献立に取り入れてみませんか?

PR