その結婚生活はストレスになるか、幸せで満ち溢れたものになるか?結婚と寿命の関係はストレス度によります
496views

その結婚生活はストレスになるか、幸せで満ち溢れたものになるか?結婚と寿命の関係はストレス度によります

結婚と寿命の関係は、一見すると何の因果関係もなさそうに思えますが、実はあります。未婚よりも既婚の方が寿命が長くなりますが、結婚生活の内容にもよります。幸福で満ち溢れた結婚生活ならば寿命は延びますが、反対にストレスだらけだと寿命が縮むのです。

結婚と寿命の関係は、結婚生活の内容が鍵だった!

結婚生活はストレスか幸せか結婚と寿命の関係

結婚と寿命の関係は、どんな結婚生活を送るか、その内容に大きな関わりがあります。もちろん結婚するときには、この人と最後まで幸せに仲良く暮らしたいとお互いに願って結婚するのですが、いざ結婚してみたら、相手が自分の思い描いていた人ではなかった!ということがたくさんあるのではないでしょうか。(それは、相手も同じように思っているかもしれませんが)

幸せな結婚生活に必要なものとは

結婚生活はストレスか幸せか結婚と寿命の関係結婚に必要なもの

幸せな結婚生活に必要なものとは、一体なんでしょうか。やはり生活をするうえで、必要なお金なのでしょうか。それとも愛情なのでしょうか。やはり一緒に暮らすうえで大切なのは愛情ではないかと思います。30歳で結婚し、80歳までお互いに生きたとすると、結婚生活は約50年になります。50年間幸せに暮らすためには、お互いの相性もあるし、ある程度のお金も必要だし、それにもまして愛情がなければ生活していくことが出来ないでしょう。

結婚生活でパートナーが変わってしまうことも

結婚生活はストレスか幸せか結婚と寿命の関係すれ違い

結婚しはじめた当初は、やさしかった配偶者も、だんだん生活するうちに、これまでの性格とは違うところに気がつくこともあります。たとえば、DVやモラルハラスメントなど、さまざまな問題があります。約50年と言う結婚生活、黙って耐えしのべば、当然ストレスで寿命が縮まってしまうこともあります。離婚するという選択肢や結婚生活を続けるという選択肢が残っていますが……。

離婚すると、男性の寿命が縮む?

結婚生活はストレスか幸せか結婚と寿命の関係離婚後の男性の寿命

離婚を経験した男性の方が女性に比べて寿命が縮むというデータがあります。性格が暗くなり、うつ病になったり、食生活が乱れて、寿命が短くなるのです。反対に女性の方は、離婚後、ストレスのない生活を送ることになるため、男性が原因で離婚した場合には、幸福度も増すため、寿命が延びるというデータがあります。結婚生活に不満を抱いているのであれば、離婚して幸せになるという選択肢を選ぶことも人生において必要なことかもしれません。

年の離れた若い男性と結婚する女性は寿命が短くなる

結婚生活はストレスか幸せか結婚と寿命の関係年の差

最近は年の差カップルが増えてきています。若い女性と結婚した男性は、寿命が高まるのですが、反対に、自分よりも一回りも年下の男性と結婚した女性は、寿命が縮まる傾向があります。また一回り以上も年上の男性と結婚した女性も寿命が縮まる傾向があります。どんなに愛し合っているカップルといえども、やはり周囲からの見た目やどんなふうに思われているのだろうという思いが、知らず知らずのうちにストレスになっていることもあります。幸せな結婚をするのであれば、あまり年の離れていない人とするのが一番かもしれません。

幸せな結婚生活が健康にもつながります

結婚生活はストレスか幸せか結婚と寿命の関係幸せは健康

健康を保つには、幸せな結婚生活を過ごすことがとても大切です。幸せな結婚生活には、結婚生活に対する幸せ感と、満足度合い、また二人の金銭感覚がとても重要になります。この二つがうまくいっていると、良好な結婚生活を送ることが出来るのに対し、結婚生活が良好でないと、互いにストレスが溜まり、食事の内容も悪くなり、アルコール摂取量も自然に増えていきます。また医者にかかる頻度も少なくなるため、大きな病気の兆候を見逃しやすく、寿命が縮んでしまうのです。長生きしたければ、やはり幸せな結婚生活を送る努力をしたり、それが無理だと分かれば早い段階で離婚し、新しい人生をスタートさせるのがよいかもしれません。

PR