コーヒーの効果と害?!ダイエット効果も期待できるコーヒーの効果的な飲み方を紹介!
373views

コーヒーの効果と害?!ダイエット効果も期待できるコーヒーの効果的な飲み方を紹介!

コーヒーの効果と害について紹介します。コーヒーは鎮痛作用や血流改善、脂肪燃焼などの様々な効果があり、また、コーヒーは飲むだけでなく、香りを嗅ぐことでも老化防止作用があることがわかっています。一方で、貧血や腹痛の原因にもなります。飲む量やタイミングに注意しましょう。

コーヒーの効果と害

f571ea44667f0266811958cab57d5be9_s

最近では喫茶店やカフェだけでなく、コンビニでも気軽に買えるようになったコーヒーですが、コーヒーは単にファッションや嗜好品として楽しむだけでなく、多くの効能があります。

一方で、飲み過ぎは害になることもあるので注意が必要です。
今回はコーヒーの効果とそれを引き出す飲み方とともに、コーヒーの害とそれを防ぐ飲み方を紹介します。

医学的にも認められているコーヒーの効果

コーヒーは古くから愛飲されてきました。その理由の1つにコーヒーの薬効があります。古来からコーヒーには鎮痛作用や心臓によいとされてきましたが、最近になって、医学的にもその効果が再発見され注目を集めています。

人生を豊かにするコーヒーの効果

【1】仕事や勉強前に

コーヒーの効果

コーヒーには大脳皮質を刺激する作用があります。この作用によって集中力ややる気が出て仕事や勉強がはかどると言われています。また、コーヒーは疲労を緩和する働きがあるため、休憩中に飲むことで中だるみを防ぐ効果が期待できます。

【2】運動前に

ダイエットのために運動するのなら、その前にコーヒーの摂取をおすすめします。その理由はコーヒーに皮下脂肪の分解を促進しする作用があるからです。効率よく脂肪を燃焼させるためにも運動前にコーヒーを飲みましょう。

【3】食後に

breakfast-618461_640

食後にコーヒーを飲むことで胃液が分泌され、消化を助けてくれることがわかっています。

【4】老化防止に

コーヒーには脳内血流をよくする作用があり、またコーヒーの香りには老化を防ぐ効果があることが分っています。とくに入れたて5分の強い香りに効果があると言われています。

【5】頭痛に

コーヒーを飲むことで頭痛や肩こりなど、血流が悪いために引き起こされる痛みを軽減する効果があることがわかっています。これはコーヒーによる血流改善の効果とともに痛みを和らげる鎮痛作用が働くためです。

【6】認知症予防に

コーヒーによる血流改善と意欲の向上は認知症を予防する効果があります。認知症にとってもっとも悪いことは物事への興味や関心を失うこと、そして、そのような状態が長く続くことによる脳内血流の低下です。コーヒーを飲むことでこれらの要因が取り除かれます。

コーヒーの飲み方、回数は多め、量は少なめがベスト

コーヒーの効果をより引き出したいと思うのなら、一度に飲む量を少なくして、毎回淹れたての香りを楽しみながら飲むことが大切です。また、コーヒーを飲み続けると効果が感じにくくなるために過度に飲み過ぎることも避けたほうが良いでしょう。

生活の質を悪化させる?!コーヒーの害

【7】貧血の原因に

コーヒーを飲み過ぎると鉄分の吸収を阻害します。とくに女性は経血で失われる血液も多く、鉄分不足になりがちなためにコーヒーの飲み過ぎには注意が必要です。鉄分の吸収を阻害しないために、コーヒーは食後30分以降に飲むようにするか、普段の食事から鉄分を多く摂取することを意識しましょう。鉄分が不足すると生理痛の原因になります。

【8】腹痛の原因に

コーヒーの効果で腹痛

コーヒーは適度に飲むことで胃の分泌液を出しますが、飲み過ぎると胃を傷つけて潰瘍の原因になります。とくに空腹時にコーヒーを飲んで腹痛をおこす人が多いようです。

【9】不眠症の原因に

朝のコーヒーは目覚めを助ける効果が期待できるコーヒーですが、夕方以降に飲むことで神経が高ぶったり、体内リズムを狂わせて睡眠障害の原因になることがあります。夕方以降のコーヒーは避けたるようにしましょう。

コーヒーを飲むとガンになる?

コーヒーを飲むとガン

コーヒーは長らく発がん性があると言われてきました。しかし、現在ではコーヒーが発がん性の原因になることはないと言われています。一方で質の悪いコーヒーは発がん性以外にも多くの体調不良の原因になると言われています。香りの良い、質の高いコーヒーを選んで飲みましょう。

PR