どう違いがあるの?認可保育園と認可外保育園、認証保育とは?
50views

どう違いがあるの?認可保育園と認可外保育園、認証保育とは?

認可保育園とは国の基準を満たした保育園です。無認可保育園は国に認められていない保育園です。無認可の場合、子供を預けるだけの園もあれば、保育内容が素晴らしく英才教育を受けられる人気の園までさまざまあります。認証保育園は東京都のみに認められた保育園です。

認可保育園に入れるのが一番なのですが

保育園には種類があります

 保育園には種類があります

子供を産んだ後も、仕事をしたいという女性も多いのではないでしょうか。

そんなときに頼りになるのが保育園です。保育園にはいろいろと種類があります。国が認めている認可保育園や国が認めていない認可外保育園、保育園としての基準は満たしてはいないが、子供を預かってくれる認証保育所があります。

みんなが一番に入りたいと思うのは認可保育園です

みんなが一番に入りたいと思うのは認可保育園です

認可保育園というのは、児童福祉法に基づいた施設で、国が保育園の要件を判断し、認めた保育園のことを言います。

認可保育園に入ることができれば、親の収入によって保育園の利用料が決められます。母子家庭の場合や子供が二人以上いる場合、障害者家庭の場合であれば、保育料が無料になります。そのため、所得が少ない方や非課税世帯の方にとっては保育園利用料が優遇されるので、認可保育園希望者が多い傾向があります。

認可保育園は基準をクリアしなければなりません。

認可保育園は、子供を保育するための環境が整っています。保育士の数や、保育室の広さ、調理室などの設備、保育をするための時間や保育内容などがしっかり定められています。子供にとってはよい環境で過ごすことができます。

住んでいる地域によっては激戦があります!

地域によっては、子供を預かっている人が多い割には、認可保育園の数が足りない場所もあります。

そのため、認可保育園に入れるのがとても大変だという地域もあります。公立の保育園の場合だと、保育園に優先的に入れる基準が設けられており、正社員で働いていて、育児休暇中である場合や、親が病気で家庭で保育できない環境である場合だと、優先的に入りやすくなります。

保育園が決まってから、これから仕事を探す保護者だと、優先順位が下がるため、入園を希望しても希望者多数のため、入れないケースもあります。

公立の保育園に入れない場合には私立の保育園を探す

公立の保育園に入れない場合には私立の保育園を探す

認可保育園は公立の保育園以外にも私立の保育園もあります。

公立の保育園の場合だと、入園希望はあらかじめ住んでいる市役所の子供課や民生課に希望をだしますが、私立の認可保育園の場合は、入園希望を直接私立の保育園に出さなければなりません。認可保育園に子供を入れたい場合には、私立の保育園にもいくつか入園希望を申し込んでおくとよいでしょう。

認可保育園に入れなかったら無認可保育園へ

保育料高めなのがネックです

無認可保育園というのは、国が認めていない保育園のことです。施設などの面で保育園の基準を満たしていないため、無認可で営業している保育園です。

認可保育園の場合、国から助成金が出るため、保育料が安くすむのですが、無認可の場合、助成金がない分、保育料が高めなのがネックでしょう。

無認可でも、教育に力をいれている保育園もあります。無認可だと、ダメなイメージもありますが、超高級な無認可保育園も中にはあります。子供をただ預かるだけの保育園もあれば、授業料は高めだけれども、外国人スタッフが英語で保育をしてくれる保育園もあります。

フラッシュカードなどの教材を使い英才教育に力を入れている無認可保育園もあります。パパやママが仕事をしている間に、保育所で素晴らしい教育を受けることができるので、物凄く人気がある無認可保育園も中にはあります。

東京都独自の保育所

東京都独自の保育所

認証保育所というものがあります。これは東京都だけの制度です。保育料は、上限がありますが、認証保育園側が自由に決めることができるため、認可保育園よりも高くなる傾向があります。

認証A型保育所とは

認証A型保育所というのは、駅前につくられた保育所です。保育所の定員は20名から120名で、保育園で預けられる子供の過半数以上は0歳児から2歳児になければなりません。

このため、3歳をすぎると、別の保育園に行かなければならない園児達が毎年出てきてしまうのがデメリットでしょう。メリットは、駅前の保育園なので、通勤が便利だという点です。

認証B型保育所とは

認証B型保育所は定員が6人から29名までで、預けられるのは0歳児から2歳児です。メリットは小規模なので家庭的な雰囲気の中で保育を受けることができます。デメリットは3歳をすぎると退園しなければならないため、3歳からの保育園探しが大変になってしまうという点です。

PR