米油にはすごい効果が?米油のすごいスーパービタミン・米油のつけ方は?
19views

米油にはすごい効果が?米油のすごいスーパービタミン・米油のつけ方は?

米油には、スーパービタミンEと呼ばれる特殊な成分が含まれているようです。米油をつけるとどのような効果が期待できるのでしょうか?また、上手な米油のつけ方などのスキンケア方法や、病気の予防にも効果がある米油の取り方をご紹介しましょう。

塗っても飲んでも良い米油のスゴイ効果

米ぬかから作られる米油は、スーパービタミンEと呼ばれています。

米油には、スゴイ効果があるようです。

米油の効果や上手な米油のつけ方、食べても健康に良い米油の摂取方法などをご紹介しましょう。

米油のトコトリエノールの抗酸化力

 米油のトコトリエノールの抗酸化力

米油にはトコトリエノールが含まれているのですが、これには強力な抗酸化作用があります。米油がスーパービタミンEと言うのは、このトコトリエノールの成分が関係しており、ビタミンEは、若返りのビタミンなのです。

ビタミンEには、しわを増やしたりたるみをつくったりする老化の原因となる活性酵素を除去する働きがあります。お肌の老化を防いでくれるのは素敵ですよね。また、血液をサラサラにしてくれたり、女性ホルモンの生成や分泌にも関わっています。

ビタミンEが豊富な米油をとることで、アンチエイジングできるのですね。

米油でスキンケア

米油でスキンケア

米油でスキンケアをすることで、肌のシミを抑えてくれるという嬉しい効果があります。

シミができてしまうのは、肌の奥で作られるメラニンが排出され生成されるというサイクルが乱れてしまうからです。米油は、メラニンがシミへとなるのを抑制する働きがあります。米油でスキンケアをして、シミのできない、きれいな肌をつくりましょう。

【米油を化粧水に】

米油のつけ方はどうすればよいの?と迷われるかもしれませんね。米油を直接塗るのは大変なんで、米油を普段使っている化粧水に混ぜて使ってみましょう。

①手のひらに500円玉程度の化粧水を出します。
②その中に米油を1,2滴入れて使います。
③しっかりと指先で混ぜてから肌へのせていきましょう。

米油を入れた化粧水でスキンケアをすると、ファンデーションのノリがいつもと違ってきます。すーっと肌になじむ感じがしますよ。

米油でボディケア

米油でボディケア

米油を使って、ボディケアをしてみましょう。薄着をする季節は、首元やデコルテが気になりますよね。米油でボディケアをして、潤いのある肌を取り戻しませんか?

【米油をボディクリームに】

米油でボディケアをするときは、普段使っているボディクリームに混ぜて使ってみましょう。
①適量のボディクリームを手のひらに出します。
②ボディクリームに1,2滴の米油をたらします。
③デコルテのマッサージをします。
④手をグーの形にして、両耳の下から首の前側に向かってリンパを流します。

米油を食べると動脈硬化の予防や改善にも!

米油を食べると動脈硬化の予防や改善にも!

病気で亡くなる原因の30%は動脈硬化と言われている現代。米油に含まれているスーパービタミンEのトコトリエノールは、動脈硬化の予防にも良いそうです。

また、動脈硬化を患った患者さんにも改善作用があるとされており、米国の研究では頸動脈の血流が25人中6人も改善されたそうです。

健康のために米油を食べる場合は、1日にティースプーン1杯程度を目安にしてみてください。そのまま飲むのはちょっと抵抗があるという方は、野菜炒めなどの炒め物に使っても良いですし、ドレッシングの油として混ぜて食べても大丈夫です。米油は安価で継続して使い続けることができるので、毎日の食生活に取り入れて、健康をキープしてみませんか?

PR