ミネラルウォーターと水道水どっちが身体にいいお水なの?
123views

ミネラルウォーターと水道水どっちが身体にいいお水なの?

ミネラルウォーターと水道水はどちらが身体によいお水なのでしょうか。お金を出して買うミネラルウォーターの方が、身体によさそうなお水というイメージがありますが、実は水道水の方が国の厳しい基準を受けているため、安全な水でもあるのです。ミネラルウォーターの基準は緩めなので安全な水であるとは言えません。

ミネラルウォーターと水道水どっちが安全な水なの?

ミネラルウォーターの方がいいイメージがありますが

ミネラルウォーターの方がいいイメージがありますが

ミネラルウォーターと水道水はどちらが身体にとって安全な水なのでしょうか?

お金を出して購入するミネラルウォーターの方が身体によさそうなイメージがありますが、実は国の安全基準からすると、水道水の方がより安全性の高い水なのです。

日本の水道法はとても厳しかった!

日本の水道法はとても厳しかった!

水道水と言うと、カルキ臭いとか塩素が入っているから美味しくない!というイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、日本の水道法は世界の中でも厳しい基準が設けられているため、安全な水でもあるのです。それに比べてミネラルウォーターは、基準が甘いため、安全だと断言することができません。

特に海外から輸入される水については、日本の風土や日本人の味覚に合わないこともあります。

日本の浄水技術は世界一素晴らしいのです

日本の浄水技術は世界一素晴らしいのです

日本の浄水技術はとても高く、浄水場で作られる水は厳しい基準をクリアした水でもあります。水の中に含まれているヒ素やフッ素などの含有量をしっかりと調べ一定基準以下でなければなりません。

それに比べミネラルウォーターには、水道法で定められた安全基準よりも高いフッ素やヒ素などの有毒成分の含有量が高いので、水道水の方が身体によい水でもあるのです。

ミネラルウォーターは腐りやすいのが問題

ミネラルウォーターは腐りやすいのが問題

水道水には塩素が含まれていますが、ミネラルウォーターには含まれていないため、一度口をつけ開封したミネラルウォーターを半日以上持ち歩き続け、飲んでいると、ペットボトルの中では雑菌が繁殖してしまいやすくなります。

水道水に含まれている塩素は身体に悪いイメージがありますが、微量のみ含まれているため、身体に対する影響はほとんどないのです。腐りやすいペットボトルのミネラルウォーターを持ち歩くより、水道水を飲んだ方が、身体にはよいのです。

塩素が気になる場合は水を汲み起きしておこう

塩素が気になる場合は水を汲み起きしておこう

水道水に含まれている塩素が気になる場合には、水を汲み起きしておくだけで塩素を消すことができます。塩素が消せる理由は、塩素は揮発性が高いため、汲み起きしておくだけで、空気に触れあい揮発してしまうからです。

ミネラルがたくさん含まれているの?

ミネラルウォーターと言われるくらいなのだから、当然たくさんのミネラルが含まれていて身体によさそうなイメージがあります。しかし、実際にはミネラル分はごくわずかしか含まれておらず、水道水とほとんど変わらないのです。

オシャレな海外のミネラルウォーターボトル

オシャレな海外のミネラルウォーターボトル

海外のミネラルウォーターは、原産国によって水の種類や味などに違いがあります。

硬水であるか軟水であるかで、料理や飲み物をつくる時に使い分けをされている方もいるかもしれません。またオシャレなデザインのペットボトルに入れられているので、持っているだけでも、洗練された気分になってしまうことでしょう。

しかし、このペットボトルが実は曲者だったのです。プラスティック容器には、ビスフェノールAという身体に害がある化学物質や、ペットボトルをやわらかくするための薬剤であるフタル酸エステル類などの化学物質が使用されています。

まして海外ではこれらの化学物質の使用許可が認められているため、ペットボトルの容器から、ミネラルウォーターに微量ながらも毒性が溶けだしているのです。

水を保管するのに一番適した容器はガラスであるので、ペットボトル入りの海外のミネラルウォーターは安全面から考えても、できるだけ飲まない方が賢明かもしれません。

PR