ドライフルーツの効果的な食べ方とタイミング
66views

ドライフルーツの効果的な食べ方とタイミング

ドライフルーツの効果的な食べ方として食べる量やタイミングがあります。ドライフルーツは栄養価が高い食べ物ですが、たくさん食べたからといって高い効果が得られるとは限りません。また、ドライフルーツは種類や製法によってはあまり良いとは言えない商品もあります。製法にもこだわって選びましょう。

ドライフルーツの効果的な食べ方

ドライフルーツの効果的な食べ方

ドライフルーツは少ない量で多くの栄養素が摂取でき、そしてその栄養素は高い美容効果があります。

そのため、健康や美容に役立つ食べ物として世界中のモデルたちやセレブに食されています。

しかし、ドライフルーツには糖質が多いことやオイルコートがしてあること、またはカロリーが多いということもあり、食べれば食べるほど良いというものではありません。

また、最近では多種多様なドライフルーツが販売されており、中には食べることで健康を損なう可能性があるものまであります。

今回はドライフルーツの効果的な食べ方とその量、食べるタイミング、さらにドライフルーツを選ぶポイントについて紹介します。

ドライフルーツは栄養が豊富

ドライフルーツは栄養が豊富

ドライフルーツには高い美容効果がありますが、その多くはドライフルーツに含まれる糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、そして食物繊維です。

あまり知られていませんがドライフルーツには多くの食物繊維を含むものがあります。例えばイチジクやデーツ、りんごなどです。

これらはもともと食物繊維が豊富ですが、ドライフルーツとして食べることでより簡単に食物繊維を摂取することができます。

ドライフルーツの食物繊維はお腹への刺激が少ないため胃腸が弱い人でも食べることができ、さらに少ない量で効果を実感することができます。

ドライフルーツで便秘の改善を期待したい場合にはドライフルーツとともに水や牛乳、豆乳などの飲み物と一緒に食べるとより効果的です。

ドライフルーツは小分けして空腹時に食べる

ドライフルーツは小分けして空腹時に食べる

ドライフルーツは高い栄養素ですが、人の体は一度にたくさんの栄養素を吸収できるようにできていません。

一度にたくさん摂取したビタミンやミネラルの使われない分はそのまま排泄されてしまいます。そのため、ドライフルーツは1日のうちで少量ずつを複数回にわけて食べることが効果的と言われています。

例えば、1回の摂取量は5グラムから15グラム程度でよく、その代わり、2回から5回程度に分けて食べるようにするのです。このようにこまめに摂取することで栄養を無駄なく摂取することができます。

さらにドライフルーツは食前、もしくは食事と一緒に摂取すると食事の栄養価もあがり、効果的と言われています。朝食として、また小腹が空いたときにおやつとして摂取することをおすすめします。

種類や製法にこだわるとより効果的

種類や製法にこだわるとより効果的

また、美容のためにドライフルーツを食べるのであれば、ドライフルーツの種類には十分に気をつけましょう。

例えば、砂糖やオイルでコーティングされているドライフルーツはカロリーオーバーになることがあるので避けたほうが無難です。

また、製法では乾燥機などにかけたものではドライフルーツ本来の高い栄養を摂取することができなくなる可能性があります。

なぜなら、ドライフルーツは本来、太陽の光を浴びて栄養素が凝縮されるものですが、乾燥機でなどで人工的に乾燥させたものには、それほど高い健康効果は期待できないと言われているためです。

それは消費期限にもかかわってきます。

太陽の下できちんと干されたフルーツは時間がたっても傷むということはほとんどありませんが、人工的に乾燥させたものは比較的早く変色したり、傷むようになります。

これを防ぐために防腐剤を添加することで日持ちさせている商品もあるほどです。そのためドライフルーツではその果物の種類よりも製法にこだわって選ぶようにしましょう。

ドライフルーツではその果物の種類よりも製法にこだわって選ぶようにしましょう

PR