色々な種類があって迷っちゃう!ダイエットサプリとは一体どんなものなの?
67views

色々な種類があって迷っちゃう!ダイエットサプリとは一体どんなものなの?

ダイエットサプリとはダイエットを補助する効果のあるサプリメントのことです。主に脂肪を燃焼させてくれる効果のあるものや、カロリーオフ効果、便秘やむくみを解消させてくれるものがあります。非常に多くの種類のサプリがあるため、悩んだ時は機能性表示食品、特定保健用食品の表示があるものを選ぶのもよいでしょう。

ダイエットサプリとは?

色々なものがあります

色々なものがあります

脂肪燃焼効果のあるサプリや食事で摂ったカロリーをオフしてくれるもの、便秘をむくみを解消させる効果のあるサプリなどがあります。

脂肪燃焼効果のあるサプリとは

脂肪燃焼効果のあるサプリとは

ダイエットサプリの中には、脂肪燃焼効果のあるサプリがあります。

脂肪燃焼効果があるといわれている成分には、実に様々なものがあります。

ダイエットサプリには、一つの成分だけではなく複数の多様な成分が含まれているものが沢山ありますので、その中から自分に合うものを選ぶことが大切です。キノコキトサン、イノシトール、オルニチン、L-リジン、BCAA、ガルシニアなどがあります。

カロリーをオフしてくれるサプリとは

カロリーをオフしてくれるサプリとは

毎日の食事で摂ったカロリーをオフしてくれるダイエットサプリがあります。

ついついおいしいものを食べ過ぎてしまうという方に向いているダイエットサプリです。ギムネマやサラシア、キトサンなどの成分が含まれており、食事で摂ったカロリーをカットしてくれる効果があります。

便秘やむくみを解消してくれるサプリとは

便秘やむくみを解消してくれるサプリとは

肥満の原因が便秘やむくみだという方に効果があるダイエットサプリです。

乳酸菌やカリウム、カルコン、しょうが、茶カテキン、よもぎなどの成分が含まれており、デトックス効果や利尿効果を期待することが出来ます。

ダイエットサプリの効果って本物なの?

機能性表示食品と特定保健用食品との違いとは?

ダイエットサプリには、色々なものがあり、様々な成分があります。

どのサプリにしたらよいか迷った時は、機能性表示食品か特定保健用食品表示のあるサプリを選んでみてはいかがでしょうか。またダイエットサプリの成分は信頼出来るものなのかどうか疑問に思った時、こうした表示があるものを選んでもよいでしょう。

機能性表示食品と表示されたダイエットサプリとは

機能性表示食品と表示されたダイエットサプリとは

機能性表示食品とは、生産者側がサプリの成分を科学的に分析し機能性について表示したものです。

消費者庁長官へ販売前に、サプリの機能性や安全性についての情報を届け、消費者庁長官の許可を得て、ダイエットサプリとして販売しています。

ちなみに消費者庁に届けられた情報は、消費者庁のウェブサイトで情報を見ることが出来ますので、ダイエット成分や効果について疑問に思うことがあれば、自分で確認してみてもよいでしょう。

特定保健用食品と表示されたダイエットサプリとは

特定保健用食品と表示されたダイエットサプリは、保健の用途として販売されているダイエットサプリです。

一般にトクホマークと呼ばれているマークが製品についています。

機能性表示は、生産者側がサプリの成分や機能性について自ら調べて情報を公開しますが、特定保健表示は、サプリの有効性や安全性を国の機関で審査をし、国が許可するため、機能性表示よりも特定保健表示の方がより信頼性が高いといえるでしょう。

ダイエットサプリは量を必ず守りましょう

ダイエットサプリは量を必ず守りましょう

量が多いと副作用も!

ダイエットサプリはあくまでもダイエットをサポートするものです。必ず服用量を守りましょう。量が多いと副作用が出てしまう場合もあります。

キトサン、オオバコの場合

脂肪を吸着させて、便として排出させる効果があります。摂り過ぎるとビタミンE・D・A・H・Kを欠乏させてしまう副作用があります。

リパーゼインヒビターの場合

リパーゼという酵素が脂肪を消化する働きがあるのですが、この酵素の効果を下げることによって、脂肪が身体につきにくくさせます。しかし過剰に服用するとビタミンE・D・A・H・Kを欠乏させ、嘔吐や腹痛、下痢の症状が出てきます。

甲状腺ホルモンの場合

基礎代謝を上げる効果があるため、消費カロリーが高くなり痩せる効果が高いのですが、肝臓機能の障害や甲状腺機能の障害が起こるため、この成分が入っているサプリは服用しないようにしましょう。海外のダイエットサプリに混入していることもあるため、海外製品には要注意です。

PR