食べ過ぎた後はおかゆを!!おかゆデトックスの効果でスリム美人を目指そう!
607views

食べ過ぎた後はおかゆを!!おかゆデトックスの効果でスリム美人を目指そう!

おかゆと言うと、風邪の時や体調が優れない時に食べるものと思われがちですが、最近、ダイエットや健康、美肌にも良いと言われ、注目を集めています。おかゆは胃腸に優しので、身体に嬉しい効果がたくさん得られます。おかゆデトックスの効果を知って、スリム美人を目指しましょう。

おかゆは体に良い!!

食べ過ぎた後はお粥でデトックス

水分をたっぷり含んでいるおかゆは、大腸までしっかりと水分を運んでくれます。そのため、胃腸の中の汚れたものを排除することができ、お腹の中の環境をきれいに整えてくれます。
また、おかゆは、便秘解消にも効果があると言われています。おかゆパワーで、お腹の老廃物を排除し、おかゆデトックスの効果を感じましょう。

お湯とご飯では効果が得られない!!

「おかゆが体に良いのなら、お湯とご飯を食べれば大丈夫なのでは?」と考える方もいるでしょうが、それでは大腸まで水分を行き渡らせることができません。従って、お湯とご飯をバラバラに食べたのでは、同じ効果は得られないのです。

おかゆは美肌にも良い!!

食生活と肌の状態は、関連しています。例えば、いつも辛い物や刺激のあるものを食べていると、乾燥肌になりやすいです。従って、胃腸に優しいおかゆを食べると、肌はもちろん体に負担をかけることがないので、美肌になります。また、おかゆには、腸内環境を整えてデトックス効果があるというのも、美肌になる理由でしょうね。

おかゆには、お米に含まれている水分が体に吸収され、中から潤う効果があり、乾燥肌が治った!という方も多いようです。とにかく、おかゆは、体にもお肌にも良いんです!!

ダイエット効果もあり!!

おかゆは、低カロリーの割には、満腹感を得ることができるので、ダイエットにも効果的です。もちろん、デトックスをしてくれるというのも、良いですよね。それに、温かいおかゆは、冷え性も改善します。体が温められると、代謝が活発になるので、ダイエットしやすい体になりますよ。

おかゆは、疲れた胃腸環境を整え、身体の巡りを良くしてくれる最高の食べ物です。美しいプロポーションを目指すなら、おかゆですね。

おかゆデトックスの効果を得る方法

お粥デトックスの効果を得る方法

おかゆデトックスの効果を得るには、1日1回はおかゆを食べ、必ず生米からおかゆを作るようにしましょう。水分をたっぷり含んださらさらとしたおかゆが理想です。面倒であっても、弱火でじっくりコトコト煮るようにしましょう。
おかゆを食べる時間帯は、朝食でもおやつ代わりでも、どんなタイミングでも大丈夫です。自分のライフスタイルに合わせて、自分が一番食べやすい時に実行し、定期的に続けることが大切です。

ダイエットしたいなら1日2回お米とおかゆを置き換えよう!

おかゆを1日1回お米と置き換えれば、多少のダイエット効果を得ることができますが、急いでダイエットしたい時やむくみが気になる時は、1日2回置き換えてみましょう。きっとビックリするような効果を得られますよ。
おかゆを食べる時は、たくさん噛んで、味わって食べることが重要です。

おかゆはアレンジして♪

おかゆのデトックス効果を得るには、そのままのおかゆを食べるのが理想ですが、毎日、同じおかゆばかりだと飽きてしまいます。たまには、アレンジしてみるのもいいかもしれませんんね。ここからは、おすすめアレンジレシピを紹介します!

乗っけるだけの簡単アレンジ!

a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s

梅干しや塩昆布、ふりかけ、明太子、いくら、しゃけフレークなど、いわゆる「ご飯のお供」を乗っけるだけで、とても食べやすくなりますよ。

野菜も一緒に!具だくさんがゆ

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

春菊や白菜、ネギ、ニンジンなども一緒に弱火でコトコト煮込めば、野菜の栄養も一緒に取ることができます。

「ごちそうさん」の茶がゆ

2013年に放送していたドラマ「ごちそうさん」にも登場した茶がゆ。ほうじ茶で炊いた茶がゆは、素朴なのに味わい深く、食べやすいですよ。

PR