トランスジェンダーとはどんな存在なの?
66views

トランスジェンダーとはどんな存在なの?

トランスジェンダーとは愛する対象の性が通常と違う場合や生まれ持った性を受け入れることが出来ない人々などです。愛する対象の性が異性ではなく同性に向けられていたり、また男女両方に向けられる場合もあります。こうした性のあり方は現在では法律で認められつつあります。

トランスジェンダーとは幅広い意味があります

定義付けは広範囲で解釈も多様にあります

定義付けは広範囲で解釈も多様にあります

トランスジェンダーとは、性同一障害も含めて、両性愛者、ゲイ、レズ、バイセクシュアルなどの人々や男性でも女性でもない中性者、両性を持った両性具者などを指す言葉です。

性のあり方も色々あり、自分の持って生まれた性を否定して性転換をする者もいれば、自分の持って生まれた性を受け入れて、同性を愛する人など様々です。

また逆転カップルや逆転夫婦などもあります。

これは女性が男性に性転換をし、男性が女性に性転換をし、性転換した者同士がカップルになり、恋人同士や夫婦になったパターンです。

トランスジェンダーという言葉も幅広い意味が含まれており、様々な解釈があります。

有名人のカミングアウトによって認識

有名人のカミングアウトによって認識

性のあり方は色々あります。

これまで私達は異性愛が当然のものだと思ってきました。

同性愛者に対しては奇異の目で見られることもあり、社会的差別などを受けることもありました。
そのため、同性愛者であることを隠しながら社会生活を送っている方も多いことでしょう。

しかし最近では多くの有名人がゲイであることをカミングアウトしたり、ニューハーフタレントがテレビなどで活躍している時代であるため、性同一障害に対する社会的認識度も高まってきました。

また有名人の性に対するカミングアウトで、性同一障害者に対する偏見も薄れてきたのではないでしょうか。

その背景には有名人のカミングアウトが大きな影響を与えていることもあります。海外ではデザイナーやハリウッドスターなどもマスコミにカミングアウトを行っています。

有名人でもこれだけ多いのであれば、一般に生活している人々の中にも実は多く存在しているのかもしれません。

国も法律も存在を認めつつあります

性も自由に選ぶことが出来る

性も自由に選ぶことが出来る

これまで男性同士の婚姻や女性同士の婚姻は国や社会が認めていませんでした。

しかし時代の流れとともに、ゲイやレズヴィアンカップルの婚姻が国や法律によって認められるようになりました。

日本でも性同一障害であると認められれば戸籍の性別を変えることが出来、男性同士、女性同士の婚姻が認められるようになりました。

婚姻することも、性別を変えて社会で仕事をして生きていくことが出来るようになりましたが、世間から好奇の目で見られたり、嫌がらせなどを受けることもあるでしょう。

しかし自分が望む性に生まれ変わることが出来れば、自分らしく生きていくことも出来るでしょう。

ISと呼ばれる人達

ISと呼ばれる人達

生まれながら男性と女性の性を持って生まれる人達もいます。

男女どちらの性でもなく日本では、昔から両性具有と呼ばれていました。

いわゆるISと呼ばれる人達で、日本国内では二千人に一人という確率で出生していますが両性具有を持った人達は、実際多く存在しているのではないかと推測されます。

例えば、子供の頃は女の子として育てられたにも関わらず、思春期になって突然、男性としての成長が著しく目立ってきた場合など、自分がどちらの性なのか困惑してしまう場合もあります。

またそれが悩みとなって、本人を苦しませる結果にもなります。

ノンセクシュアルの人達

ノンセクシュアルの場合、性愛の要求が全く生まれず、愛する対象者がまったくいないという人々もいます。

トランスジェンダーにはまだ生きにくい世界

トランスジェンダーにはまだ生きにくい世界

トランスジェンダーと呼ばれる人々は実際どれほど存在しているのかは、まだ解りません。

異性愛であれば堂々と街で手を繋いだり、肩を組んだりしながら、歩いていくことが出来ますが、やはり同性愛者の場合だと、どうしても奇異な目で見られてしまうこともあるのではないでしょうか。

法律で同性愛者の婚姻が認められたり、性別を変えることが出来ても、まだまだトランスジェンダーの人達にとっては現実の世界では生きにくいのが実情ではないでしょうか。

PR