新しいインフルエンザ治療薬の選択肢!イナビルとはどんな薬?
63views

新しいインフルエンザ治療薬の選択肢!イナビルとはどんな薬?

イナビルとは比較的新しいインフルエンザ治療薬の名前です。飲み薬であるタミフルと違って吸入して服用する薬です。特徴として1回の吸入で5日間の効果が期待できること、効果が現れる時間が短いという特徴があります。ただし、子どもや高齢者、牛乳アレルギーなどの人には向かないと言われています。

新しいインフルエンザ治療薬イナビルとは?

新しいインフルエンザ治療薬イナビルとは?

Day 77 / 365 – Man Flu / xJason.Rogersx https://www.flickr.com/photos/restlessglobetrotter/522078921/

インフルエンザの猛威は毎年世界中で話題になります。このインフルエンザの治療薬としてタミフルやリレンザが有名ですが、最近になって新たな選択肢が増えました。

それが、イナビルです。

イナビルはインフルエンザの治療薬として2010年に製造が承認された比較的新しい薬です。この薬はこれまでのインフルエンザ治療薬であるタミフルやリレンザと同じような作用機序の薬です。そのため、これまでの薬と同様にA型やB型へは効果があるとされていますが、C型にはあまり効果がないと言われています。

イナビルは利便性の高さに特徴がある

イナビルはリレンザと同じく、吸入薬です。リレンザが1日2回の吸引を5日間続けなければいけないのに対し、イナビルは1回の吸入で効果があるため、リレンザに比べて利便性が高いと言われています。1回の吸入ですむので薬の飲み忘れなどの心配がないこともイナビルの特徴の1つと言われています。

イナビルの効果は本当にあるのか疑問の声も

イナビルの効果は本当にあるのか疑問の声も

イナビルは利便性が高く、また即効性があるとされていますが、一方で効果については疑問の声も上がっています。

もともと、イナビルはタミフルと比較して効果に差がない、ということが製造承認の根拠となっています。このような経緯で認可されたため、イナビルの効能そのものについての根拠に乏しいと感じている医師や医療関係者も多くいるようです。

実際、イナビルを服用してもインフルエンザの高熱が何日も引かなかったという報告あるようです。しかし、イナビルは全てのインフルエンザに有効であるわけではないので、たまたま型に合わなかったという可能性も否定できません。

タミフルと違って10代でも安心して使用できる?

タミフルと違って10代でも安心して使用できる?

cough_kid / mahmoud99725 ttps://www.flickr.com/photos/121843045@N05/13744032644/

タミフルでは10代の子どもの異常行動が問題視されてきました。イナビルではこのような問題行動はないのでしょうか?残念ながら、イナビルでも10代の子どもの異常行動は少なからず報告されています。

そのため、10代の患者さんには第一選択薬としてイナビルを処方する医師は少ないようです。ただし、イナビルの即効性と利便性を期待して患者側が希望すれば処方する場合もあるようです。

乳アレルギーの人はイナビル使用は要注意

乳アレルギーの人はイナビル使用は要注意

イナビルを使用はほとんどの人で行えるものですが、吸入薬であるため、幼児や高齢者、または気管支が弱い人や喘息の持病がある人の場合には向かない場合があります。

また、最近になって乳糖が含まれていることが確認されたため、牛乳にアレルギーのある人には向かないことがわかりました。アレルギーがある場合には事前に医師に知らせるようにしましょう。

入院患者のみに適用する場合もある

イナビルの効果や認可されてからの期間が短いために、病院によってはイナビルを入院患者のみの適用に留める場合も少なくないようです。

きちんと薬の効果が出れば数日のうちに高熱は下がり諸症状も緩和すると言われていますが、万が一、薬の効果がなかなか出ない場合には体内からイナビルが排泄されるための期間を置いて処置することになります。健康な成人の場合はこの期間の間に自身の免疫力によって体調が戻ることになるでしょう。

PR