効果的に痩せるためは気にしたい!生姜紅茶を飲むタイミング
64views

効果的に痩せるためは気にしたい!生姜紅茶を飲むタイミング

生姜紅茶を飲むタイミングは体質や運動量で変わってきます。一般的にはダイエットには朝の時間帯に生姜紅茶を飲むことが推奨されていますが、実は内臓型冷え性の人の場合には昼、運動不足の人には夜に生姜紅茶を飲むことでダイエット効果が期待できます。便秘の人は朝一番に生姜紅茶を飲むと効果が高いと言われています。

生姜紅茶を飲むタイミングはかなり重要!

体の冷えを取り除いて健康になれるという生姜紅茶ですが、実はその効果は飲む時間帯によって変わることがわかっています。

基本的にはダイエットには朝の時間帯に生姜紅茶を飲むことが良いと言われますが、体質や太り方によってより効果的な飲み方があるのです。

冷え症の人はやっぱり朝!

冷え症の人はやっぱり朝!

ginger tea / vanessa lollipop https://www.flickr.com/photos/vanessapoppe/8560902737/

生姜紅茶でダイエットする場合で、体質的に冷え性である場合にはやはり朝に生姜紅茶を飲む事が有効です。

手足の冷えを感じたり、体が疲れやすいという人は自律神経の働きが弱いことが考えられます。

このような体質の場合には朝から生姜紅茶を飲む事で血行を促進し、排泄力を高めることでダイエット効果が期待できます。冷え性の他、排便リズムが乱れがちな人や便秘の人にも生姜紅茶は朝飲む事をおすすめします。

内臓型冷え性の人は昼間!

内臓型冷え性の人は昼間!

ginger tea / mararie https://www.flickr.com/photos/mararie/8217739996/

実際に、手足の冷えを実感できなくとも体が冷えるというタイプの人がいます。

それは内臓型冷え性と呼ばれ、自覚が乏しいことやのぼせやすく暑がりであるとう特徴があります。

このような冷え性の場合にはお腹にふれて冷たさを感じたり、湯たんぽやカイロを腹部にあてて温かく、気持ちが良いと感じることでわかります。内臓が冷えると内臓全体の機能が低下して消化や吸収力が低下します。

その結果、同じカロリーを摂取しても冷えているだけで太りやすくなります。このような内臓が冷えている人のダイエットには昼食やティータイムに生姜紅茶を飲む事をおすすめします。

昼間に内臓を温めることで昼食の消化吸収が助けられ代謝が向上します。また、このタイプの人は食事前後に冷たい飲み物を避けることも大切です。

運動不足の人は夜!

運動不足の人は夜!

運動不足が原因で太ってしまっている人は夜、寝る前に生姜紅茶を飲むことをおすすめします。

もちろん、寝る前にストレッチや体操などで体を動かして眠ることがもっとも大切ですが、それでも運動不足の人は十分に筋肉が温まらないことがあります。

そのため、ストレッチ前に生姜紅茶を飲んで体を温めてから行うと汗が出やすくなり、運動効果も高くなります。また、寝る前に一旦体が適度に温めることでスムーズな入眠も期待できます。

運動不足の人は寝付きが悪くなりがちだったり、眠りが浅くなる傾向にありますが、寝る前に生姜紅茶を飲む事で素早く、深い睡眠が摂れるようになります。カフェインの刺激で眠りにくくなるという人ははちみつを多めに入れる方法も有効です。

より効果的な生姜紅茶のために

より効果的な生姜紅茶のために

Cinnamon ginger tea / CINNAMON VOGUE https://www.flickr.com/photos/cinnamonvogue/10674429193/

生姜紅茶で高い効果を期待するなら、生姜にも紅茶にもこだわったほうがよいでしょう。

例えば、生姜はチューブのものよりも実際に飲む直前にすることが大切です。

チューブの生姜は手軽でよいのですが、添加物が入っているために消化に負担をかけたり、ビタミンやミネラルを奪うおそれがあるからです。面倒くさいと思ってもきちんとその都度するようにしましょう。

また、紅茶はできるだけ、パック紅茶でなく茶葉から入れることも有効です。紅茶の成分はとても劣化しやすいものです。そのため、パック紅茶のように加工されたものではなく、茶葉を買って時間をかけて抽出したものを飲むようにしましょう。

PR