これであなたもモテ声に?低い声を高くする方法
70views

これであなたもモテ声に?低い声を高くする方法

「男みたいな声」「顔と声が合っていない」「声が残念」・・・そんな風に言われたことがありませんか? 低い声にコンプレックスを感じているのに、声を高くすることなんてできないと諦めないで、やってみようモテ声トレーニング!

自分の声に自信はありますか?

世の中には声で得することって意外とたくさんあるように思います。

モテ声を持つ女性に弱い男性はたくさんいる・・・。電話の受け答えの印象が良い女性は上司にかわいがられることも。

反対に、単に声が低いというだけで、顔と声が合っていない、暗い印象、声が残念、きつい性格、男みたいな声だと思われてしまうなど声で損することもあります。

生まれつき声が低いというコンプレックス、どうにか声を高くする方法はないものでしょうか?

自分の声に自信はありますか?

理想の声をイメージすることから

もし声が低いことにコンプレックスを持っているとしたら、どんな声になりたいですか?こうなりたいという理想の声の人はいますか?具体的にこれ!というイメージがあるといいでしょう。

一般的に女性らしい声と言えば、柔らかで明るく、若々しくときに甘え声、高すぎてもダメ、そんな声がモテ声でしょうか。そしてじつは、声も歳をとるんです。加齢によるホルモンの変化によって、声は低くなっていくそうで、閉経するとその傾向はより顕著になります。

理想の声をイメージすることから

声を高くする打つ手はあるか

声が歳をとるのは声帯の筋力の低下と、声帯粘膜の保湿力が低下してハリがなくなることによります。

声帯の筋力を鍛えることは、ボイストレーニングなどによる対策がとれます。また、ヒアルロン酸の注入により声帯のハリを改善する方法もあるそうです。他にも最近では声にもアンチエイジング手術があるんです。

声帯の保湿力やハリなんて今まで考えたことも無かったのですが、声にコンプレックスがあるならばどうやら打つ手はそこにありそうです。

声を高くする打つ手はあるか

口角を上げて話してみよう

少しでも高い声を出すトレーニングをいろいろリサーチしてみました。

まずは、「口角を上げて話すトレーニング」がそのひとつです。口角を上げると顔も明るい印象になるので、一石二鳥です。割り箸をつかった笑顔の練習をしたことがある人も中にはいるかもしれませんが、まさにそれです。

口角が上がりにくいと感じる人は、すでに表情筋が固くなっている証拠です。マッサージや顔のストレッチを意識して取り組むと効果が得られやすいと思います。「腹式呼吸」や「滑舌」も、聞き取りやすいよく通る声になるためには大切です。

口角を上げて話してみよう

姿勢を正して腹式呼吸を身につけよう

姿勢はどうでしょう。

デスクワークなどで猫背に固まった背中では呼吸が浅く、腹式呼吸はできませんよ。姿勢を正しく保つことで胸が開き、自然と良い声に近づくことを覚えておいてください。

また、自分は高い声がでないと思い込んでいるケースも少なくありません。これ以上は無理と無意識に自分から喉を閉じていることがあります。音域はボイストレーニングによって広げることが可能です。

一番怖いのは、低い声だからといって小さい声でしゃべったり、声そのものを使わないことです。声帯は筋肉ですから、凝り固まった声帯ではハリのある若々しい声はますますでなくなります。

姿勢を正して腹式呼吸を身につけよう

低い声を女性の武器にかえてみる

歌手の松任谷由実さんが「誰かの声が手に入るとしたら」という質問に対して、J-WAVEなどで活躍しているDJの秀島史香さんの名前を上げたそうです。

少し低くて、囁くようなセクシーな声はとても滑らかで心地よく響き、わたしも大好きです。

声の高低も大事かもしれませんが、語り口や囁くようなセクシーな声の出し方を研究すれば、低い声もコンプレックスではなく女性の武器に充分なると思います!

PR