本当に喜ばれるものを贈ろう。出産祝いの選び方について。
60views

本当に喜ばれるものを贈ろう。出産祝いの選び方について。

友人や親せきに赤ちゃんが生まれて、出産祝いを贈るときは、贈る相手が本当に喜んでくれて、しかも他の誰ともかぶらないものを選びたいところですね。出産祝いをもらったことのある人が、実際にもらって嬉しかったもの、もらったけれどあまり使わないまま終わってしまったものなどについて、紹介します。

もらっても、使わなかった出産祝いってある?

中には、出産祝いに定番の品物も。

友人や親せきに赤ちゃんが生まれて、出産祝いを選ぶときは、どんなものを選びますか?

デパートのベビー用品売り場などに行くと、小さくてかわいらしいベビー服がたくさんありますから、ついつい選びたくなってしまいますね。

ですが、ベビー服はできれば避けたほうが無難です。

赤ちゃんの月齢とサイズを把握していないと、赤ちゃんはどんどん成長するため、一度も着てもらえないまま終わってしまったり、出産祝いで新生児用のベビー服を贈る人は他にもいるだろうと、気を利かせたつもりで大きめのベビー服を贈ると、サイズがちょうどいい頃にはには忘れてしまっていて、出てきたら、もう小さくて着れなかった、などということもあるようです。

また、贈る相手の趣味やンスをよく理解していないと、相手があまり好みでないベビー服を選んでしまうこともあります。趣味やセンスの問題は、ベビー服だけでなく、マザーズバッグなども同様です。

また、キャラクターがついたベビー服、おもちゃも避けたほうがいいでしょう。赤ちゃん用の食器も、一揃えあれば大丈夫なものですし、意外と出産祝いにする人が多い赤ちゃん用の帽子も、実は使わなかったということが少なくないようです。

中には、出産祝いに定番の品物も。

贈って喜ばれる出産祝いとは。

頑張ったママに、贈り物をしよう。

出産祝いというと、ベビー用品を選んでしまいがちですが、頑張ったママに贈り物をすると、喜ばれることが多いようです。特に友人の出産祝いなど、相手の好みもよく知っている間柄ですと、喜んでもらえるものがわかるのではないでしょうか。

子育て中は、赤ちゃんのことで一生懸命になってしまい、自分のことはおろそかになってしまいがちですから、子育て中も、ちょっとおしゃれでいられる部屋着や、赤ちゃんと一緒にお風呂に入った後に、すぐに羽織ることができるバスローブなどはいかがでしょうか?

赤ちゃんが眠っている間に一人で楽しむことができる、お茶のセットなども喜ばれるでしょう。ただし、授乳中のママには、カフェインレスのお茶を選んだり、アロマなどのヒーリンググッズを選ぶときは、赤ちゃんが一緒でも大丈夫なものを慎重に選びましょう。

お茶のセットなども喜ばれるでしょう

赤ちゃんのものを選ぶなら。

赤ちゃん向けのものを選ぶのであれば、ママが赤ちゃんに読んであげられる絵本、長い間遊ぶことができる木のおもちゃ、赤ちゃんが眠るときに聞かせてあげたいCDなどを選ぶのもいいでしょう。

とはいえ、贈る相手が親しい人であれば、リクエストを聞くのが一番喜ばれるかもしれません。

また、商品券や現金は、贈られた側が自分が好きなものを買うことができるので、根強い人気があります。季節に合った贈り物を考えて、夏場に出産祝いを贈るのであれば、ベビーカーで使えるサンシェードや、シートの上に置いて使う汗取りマットなどもいいでしょう。冬場に贈るのであれば、おしりふきウォーマーや、ベビー用の湯たんぽなどが喜ばれるでしょう。

赤ちゃんのものを選ぶなら。

出産祝いを贈るときに、気を付けたいこと。

出産祝いを贈るとき、まずは赤ちゃんが無事に誕生し、母子ともに元気に過ごしていることがわかってから、贈るようにしましょう。あまり考えたくないことですが、赤ちゃんやママの体調が必ずしもよいとは限りません。贈る時期は、赤ちゃんが生まれてから1カ月以内がいいでしょう。

出産祝いを贈るときに、気を付けたいこと。

PR