パンやパスタがやめられないのは、グルテン中毒に陥っているかも!?小麦製品の食べ過ぎは、肌にも悪影響?
1,331views

パンやパスタがやめられないのは、グルテン中毒に陥っているかも!?小麦製品の食べ過ぎは、肌にも悪影響?

パンやパスタをなんとなく毎日食べている方も多いと思います。特に女性は、パンやパスタなどの小麦類が好きな方が多いですよね。でも、パンやパスタがやめられない人は、グルテン中毒に陥ってしまっているかもしれません。グルテン中毒とは、あまり聞き慣れない名前ですが、一体、体にどんな影響があるのでしょうか!?

パンやパスタがやめられないのは、グルテン中毒のせい!?

小麦製品でグルテン中毒

日頃からパンやパスタを中心の食生活をしている方も多いと思います。最近は、生パスタのお店やパンの美味しいお店などもグルメ雑誌で特集されたり、テレビでも特集されるなど話題を集めていますよね。でも、パンやパスタを毎日食べ過ぎている人は、グルテン中毒に陥っている可能性があります。グルテン中毒とは、一体何なのでしょうか。グルテンとは、小麦などに含まれるタンパク質の一種でパンやケーキなどのもちもちした感じを出して、生地をふわっと膨らませる効果があります。しかし、グルテンには、グリアジンと呼ばれる脳内で麻薬物質のような働きをする成分も含まれているので、普段からパンやパスタを食べ過ぎている人は、急にパンやパスタを食べられなくなると、禁断症状のようなものが出てしまいます。これって結構怖いことなんです。しかもグルテンには、肌などにも悪影響があるんです。

グルテンを摂り過ぎると禁断症状以外にも様々な影響が・・・。

小麦製品でグルテン中毒の症状

グルテンは、摂取し過ぎると小腸を刺激して、栄養が吸収できなくなってしまうという症状も出てきます。そうなってしまうと、肌にもうまく栄養が行き届かなくなり、肌荒れの原因になったり、新陳代謝が悪化し、ニキビの原因にもなってしまいます。お肌に良くないコトは避けたいものです。。

グルテン中毒になると、精神バランスが乱れてくるってホント!?

グルテン中毒の本当の怖さは、まだまだある・・・。

グルテンは、アレルギー物質でもあるので、摂取し過ぎるとグルテンに対して体がアレルギー反応を示すようになります。そうなってしまうと、パンやパスタを食べた時に、気持ち悪くなってしまうこともあります。また、グルテンを過剰に摂取すると、うつ状態のようにやる気が起きなくなったり、体が疲れやすくなったり、なってしまうこともあります。最近、体がだるくて疲れが溜まっているなと感じているあなた、もしかしたらグルテン中毒かもしれません。

グルテン中毒を調べるには、どうすればいい!?

グルテン中毒を簡易的に調べる方法が気になる。

グルテン中毒の検査方法

グルテン中毒を簡単に調べるには、いたって簡単!それは、パンやパスタを食べるのを控えることです。パンやパスタを食べない期間に食べたい食べたい・・・。という禁断症状が出てしまったら、グルテン中毒の可能性があります。お酒やタバコも過剰に摂取し過ぎると、同じような禁断症状が出ますよね。とにかくグルテン中毒にならないためには、パンやパスタの過剰摂取を控えるしかありません。グルテンは、小麦粉にも使われているので、注意して下さいね。

グルテン中毒に関して解説してきましたが、いかがでしたか?パンやパスタを食べ過ぎることで、麻薬のような禁断症状が出てしまう事があるなんて、びっくりですよね。初耳の方も多かったと思います。やはり食生活は、健康の源。野菜類などもきちんと摂取して、バランス良い食生活を心がけることが一番なんですね。朝・昼・晩の3食をきちんと食べて、健康的なライフスタイルを目指しましょう。

PR