やはり最終的にはこれが最も効果的!わきがの手術はここまで進歩した!
41views

やはり最終的にはこれが最も効果的!わきがの手術はここまで進歩した!

わきがの手術には色々な方法があります。保険適用の手術と適用ではない手術もあります。傷口が残らない手術もあります。保険が適用されれば、手術費用も自己負担額が少なく済みますが傷口が残るというデメリットもあります。

臭いの原因を断ちきるにはわきがの手術が最も効果的

皮膚科で相談しましょう

わきがは手術が最も有効

わきがに悩んでいる方にとって、脇の下から出る臭い匂いは深刻な問題でもあります。

わきがの臭いを断つにはやはり臭いの元を断ちきることが出来るわきがの手術が最も有効です。

わきがの手術を行うのなら、まず皮膚科で相談することが大切です。

治療場所は?

お任せください_s

わきがの手術を行うことが出来る病院には、美容外科や皮膚科があります。

美容外科では最新の手術も受けることができますが、最新の手術の場合には保険が適用されない場合もあります。

皮膚科で治療した場合には、保険が適用されるケースと適用されないケースがあります。

またわきがの手術をしたにも関わらず、元々わきがの症状が重い方の場合だと再発してしまう場合もあります。

手術を担当する医師の腕が未熟である場合には、汗腺を完全に取りきれずに、再発してしまうこともあります。

どこで治療を行うか、費用はどのくらいかかるのか、医師の腕は確かなのかなど、手術を行うときは慎重に考えなければなりません。

気になるわきがの手術費用とは

保険が適用される手術とは

保険が適用されればわきがの手術は3万円から4万円ほどで行うことが出来ます。

保険が適用されればわきがの手術は3万円から4万円ほどで行うことが出来ます。

保険が適用されなければ、その費用は20万から30万円ほどかかります。

保険が適用される手術は、脇を切開し、アポクリン腺を取り除く手術剪除法や皮弁法です。

保険が適用にならない手術には、切らずに治す治療法です。

保険適用の手術のメリットはやはり手術費用を安く押さえることが出来る点です。

デメリットは、傷口が残ってしまうので術後の見た目が気になる点でしょう。

保険が適用されるかどうかについては、医師が患者の臭いを実際に嗅ぎ、保険適応になるかどうかを判断します。

美容外科でも最近では保険診療や保険適応手術を行っているところが増えてきました。

わきがの手術の種類について

剪除法

脇を3センチから5センチほど切開し、アポクリン腺を一つ一つ取り除きます。

皮下組織吸引法

脇の下に小さな穴を開けます。そこから細い管を入れて、アポクリン腺などを吸引していきます。

メリットは傷口が少なくて済むことです。

デメリットはアポクリン腺を完全に除去出来ない場合もあるため、再発の可能性があります。

費用は15万円からです。

超音波吸引法

小さな穴を開け、そこから超音波を発生させでアポクリン腺を焼いて取り除く方法です。

技術力の高い医師でなければ、難しくすべてのアポクリン腺を取り除くことが出来ないかもしれません。

費用は18万円から30万円ほどです。

ボトックス注射

費用は3万円ぐらいからです

軽いわきがの症状に向いている治療法です。

脇の下にボトックス菌を注射し、汗腺から汗が出るのを抑えます。

保険が適用される場合もあります。

費用は3万円ぐらいからです。痛みもなく、手術の痕もほとんど残りません。

効果が半年から1年しか継続しないため、定期的に打たなければなりません。

レーザー治療

患部にレーザーを当て、汗腺を燃やして治療する方法です。

費用は7万5千円から15万円ほどです。

痛みも手術痕もありません。

マイクロリムーブ法

患部に小さな穴を開けて、そこから管を差し、アポクリン腺を取り除いていきます。

費用は30万円で、痛みも痕も残りません。

どの治療法にするかよく考えてから行いましょう

軽いわきがに向いた手術法や重いわきがに向いた手術法とがありますので、医師と相談しながら決めて行くとよいでしょう。

また手術を行う際は出来るだけ熟練した医師の元で行うのがベストだと言えるでしょう。

そのため、病院の評判や技術などもあらかじめ調べておくとよいでしょう。

PR