瞬発力をつける方法とは? 瞬発力がつくトレーニングでダイエット
249views

瞬発力をつける方法とは? 瞬発力がつくトレーニングでダイエット

瞬発力をつけるトレーニングでダイエットをしてみませんか?最初はハードに感じるかもしれませんが、継続することで瞬発力が付き、体が引き締まってきますよ。瞬発力がつくダイエットは、筋肉を鍛えることができるため、太りにくい体作りができます。

瞬発力がつくトレーニングでダイエットしよう

瞬発力をつけることができると、運動をしたときに有利になります。サッカーやバスケットボールなどのボールを使ったスポーツでも瞬発力は必要ですし、ハードルやリレーなどの陸上競技でも役立ちます。瞬発力が鍛えられるトレーニングで、引き締まった体をつくりましょう。

そもそも瞬発力って何?

そもそも瞬発力って何?

瞬発力は、筋肉の力を瞬時に発揮することです。瞬発力を出すためには、筋肉の大きさとスピードが必要となってきます。瞬発力を鍛えることで、様々なスポーツの向上に役に立ちます。

なわとびで瞬発力をつけよう

なわとびで瞬発力をつけよう

瞬発力をつける方法の1つに縄跳びがあります。縄跳びは、室内でも簡単に行えるため、ジムなどに出かけて行かなくてもトレーニングができる点がメリットです。縄跳びで瞬発力をつけてみませんか?

縄跳びをすることで、地面に足がついたと同時に飛び上がるため下半身の瞬発力を鍛えることができます。ある程度の回数を飛び続けるため、持久力をつけることができるでしょう。

また、縄跳びは有酸素運動であり、ウォーキングをするよりも脂肪燃焼効果が高いと言われています。縄跳びで瞬発力をつけながらダイエットができるのは良いですよね。

縄跳びは、前とびのほかにも後ろとびや駆け足とび、二重とびやはやぶさなど、様々な飛び方があります。いろいろな飛び方をすることで、瞬発力と筋力の2つをつけることができるメリットがあります。

【なわとびトレーニングの仕方】

なわとびをするときは、空腹時に行うようにしましょう。空腹時に運動をすることで、エネルギーを脂肪から補おうとするため、脂肪燃焼効果が高まる結果へとつながります。

①前とびを1分間続けてみましょう。
1分飛び続けるのは、なかなか大変なことです。最初はハードに感じると思いますが、1分とんで、少し休憩してというサイクルで30分続けましょう。

②だんだんと慣れてきたら飛ぶ時間を3分に伸ばします。

③前とびに慣れてきたら、駆け足とびや後ろとび、二重とびも入れながら、取り組みましょう。

反復横跳びで瞬発力をつけよう

反復横跳びで瞬発力をつけよう

反復横跳びを体育のテストなどでやった経験があるという方、多いのではないでしょうか?反復横跳びをすると瞬発力を高めることができます。反復横跳びを毎日行って、敏捷性をつけましょう。

【反復横跳びで瞬発力をつけよう】

①1メートルの間隔で、3ポンのラインをひきます。ガムテープやカラーテープなどをはるとわかりやすいでしょう。

②最初は中央のテープにまたいで立ちます。

③20秒間で何回テープをまたぐことができるかを数えてみましょう。なお、テープは超えていなくても、踏んでいればOKです。

30~34歳の女性であれば、50回以上できれば瞬発力が優れています。35歳~39歳の女性は、48回以上を目指してトレーニングをしましょう。

ニーアップジャンプで瞬発力をつけよう

ニーアップジャンプで瞬発力をつけよう

膝よりも高い位置に足をあげて跳ぶニーアップジャンプで瞬発力をつけましょう。1回ジャンプをして着地をしたら、またすぐにニーアップジャンプをしましょう。
ニーアップジャンプをするときは、ひざが後ろになって蹴るようなジャンプはNGです。地面をしっかりと踏みこんだジャンプが正解です。

PR