早口を治す方法は間をおいて話すことがポイントです
86views

早口を治す方法は間をおいて話すことがポイントです

早口で話すと、損することがたくさんあります。相手に一度で聞きとってもらうことができないため、仕事でもプライベートでも損することがたくさんあります。早口を治す方法は、話と話の間に間をおきながら話すことが大切です。一言一言、間をおくように意識すると聞きとりやすくなります。

早口を治す方法ってあるの?

どうして早口になってしまうの?

どうして早口になってしまうの?

早口で話す癖は、長年の癖でもあるので、自分で意識しなければ治すことが難しいでしょう。

早口になってしまう原因としては、緊張をしていることや、話す内容に自信がないことなどが挙げられます。

特に発表の場や初対面の人に対して早口になってしまう傾向がある人は、緊張によって早口になってしまう傾向がありますので、注意しましょう。

早口だと損をします

 早口だと損をします

早口だと相手に与える印象もあまりいいものではありません。

早口の人のイメージは神経質そうに見えるため、難しそうな人だとか、あまりお付き合いしたくない人だと思われる可能性があります。

また早口でまくしたてると、威圧感があります。

一方的にしゃべるだけしゃべっている印象を与えるため、解りやすく話をする能力や意志がない人だと判断されてしまうこともあります。

自分で出来る早口を治す方法

口をはっきり開け、しっかり発音すること

口をはっきり開け、しっかり発音すること

早口で話す癖がある方は、口を小さく開けてまくし立てるようにして話していることが多いものです。

早口を治す方法は、まず話をするときは、大きく口を開けて、できるだけ明瞭な発音で話すように意識するとよいでしょう。

発声練習をしましょう

発声練習をしましょう

早口を治す方法は、発声練習をするとよいでしょう。

お腹から声を出すことによって、口周りの筋肉のストレッチにもなります。

また発声練習をすることにより、緊張がほぐれてくるので、緊張しすぎて早口になってしまう恐れもありません。

大勢の前でスピーチをするときには、自宅で出かける前に発声練習をしておくといいかもしれません。

自宅でゆっくりと音読をする

自宅でゆっくりと音読をする

早口を治す方法として、音読をしてみましょう。

新聞や、詩、小説の一説でも構いません。

ゆっくりと音読をする自己トレーニングをすれば、早口を治すことができます。

相手の目を見て話しましょう

相手の目を見て話しましょう

早口を治す方法の一つとして、相手の目を見て話す方法があります。

相手の目を見ながら話をすることによって、目でのコミニケーションをはかることができます。

話の間の取り方も相手の目を見ることによって、自然に取ることができます。自分に自信がない時や、苦手な相手と話をする場合には、特に早口になってしまいがちですが、相手としっかり対面のコミニケーションを取ることができます。

相手が話し出すタイミングなども掴むことができるので、自分だけが一方的に早口でまくし立ててしまうこともなくなります。

言葉と言葉との間に間をおきましょう

早口が癖になっている方の場合、言葉と言葉の間に間がないことがほとんどです。

一方的にまくし立てて話してしまうと、相手が話した意味を理解する時間がなくなってしまうため、何を言っているのかが解らなくなります。

そこで、間をおきながら話をするように努力しましょう。

場数をこなしましょう

ゆっくり話すことに自信がついたら、人前で話をする機会をどんどん増やしていきましょう。

発表の場はいくらでもあります。仕事のプレゼンや職場での電話応対など積極的に場数を踏んでおくと、自分にも自信が持てます。

緊張による早口になってしまう癖もなくなることでしょう。

PR