出産したらもらえる!出産育児一時金について知ろう!!
53views

出産したらもらえる!出産育児一時金について知ろう!!

妊娠や出産は嬉しいことですが、いろいろとお金がかかるものですよね。そんな時に嬉しいのが、国から支給される「出産育児一時金」です。ここでは、出産育児一時金とは何か、どのように支給されるのかなどを分かりやすく解説していきます。

出産育児一時金って何??

出産するともらえる一時金です!

妊娠や出産は、病気で病院にかかる場合と違い、健康保険が全く使えないため、健診や手術、入院費用が全て自費となります。従って、莫大なお金がかかってしまいます。

そこで、健康保険に代わり、まとまった支出になる出産費用を肩代わりするために支払われるのが「出産育児一時金」です。

出産費用を肩代わりするために支払われるのが「出産育児一時金」です

いくらもらえるの??

出産育児一時金は、一人を出産すると42万円もらえます。双子の場合は、2倍の84万円が支給されますよ。また、所属している健康保険組合や、国民健康保険でも住んでいる自治体によっては、通常の金額よりも多く支給してくれるところもあるそうですよ。

ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産すると、少し少なめの額の40.4万円が支給されます。

一人を出産すると42万円もらえます

支給対象者は??

健康保険の加入者と被扶養者のみ

出産育児一時金をもらえるのは、出産前の6か月以内まで働いていて国民健康保険や健康保険に入っている方、また、専業主婦など実際は働いてはいないけれど夫の健康保険の被扶養配偶者になっている方、何らかの都合で親の健康保険の被扶養者になっている方が対象になっています。

働いていても、働いていなくても出産する方はほとんどが対象になります。

1年以上健康保険に加入し、退職後6ヵ月以内に出産すると、働いていた時に入っていた健康保険の機関に出産育児一時金を請求することができますが、会社の規定などにより請求できない場合もあるので事前に確認すると良いでしょう。

事前に確認すると良いでしょう

支給方法は3つ!!

直接支払制度

直接支払制度は、出産育児一時金の請求や受取を妊婦さんの代わりに医療機関が行います。お金が直接健康保険から医療機関へ支払われるので、退院の時に出産や入院にかかった費用を全額負担することはありません。

また、手続きも医療機関で同意書に署名をするだけで全て行ってくれるので、とっても楽です。ただし、医療機関が全て代行して手続きを進めるので、手数料が数万円かかることが多いです。

直接支払制度は、出産育児一時金の請求や受取を妊婦さんの代わりに医療機関が行います

直接支払制度は、手続きの煩わしさがないので一番楽な方法ですね。

受取代理制度

受取代理制度は、直接支払制度と同じように、出産育児一時金の請求や受取を医療機関が代わりに行ってくれるのですが、大きな違いは、妊婦さん自身が手続きに必要な書類を全て揃えて、健康保険へ提出しなければならないという事です。

手間がかかることによって、医療機関への手数料の支払いが不要になりますが、この制度は、まだ導入していない医療機関が多いので、対応しているかどうか事前の確認が必要です。

まだ導入していない医療機関が多いので、対応しているかどうか事前の確認が必要

直接支払制度や受取代理制度は、大きな額のお金を用意する必要はありませんが、42万円を超えた部分は負担しなければいけないので、事前に確認し、用意しておきましょう。逆に、42万円より少ないお金で良い場合は、差額分がママの口座に振り込まれますよ。

産後申請方式

産後申請方式は、産後に申請を行う方法です。従って、退院する時は、入院費や分娩費を全額妊婦さんが負担して支払います。そして、退院した後、必要書類を準備して、加入している健康保険へ提出し、後日「出産育児一時金」を受け取ります。

この方式は、直接支払制度や受取代理制度のどちらも行っていない医療機関で出産する時に選択しますが、どうしても出産後に一旦全額実費で支払うことができない場合は、加入先の健康保険に出産費用の貸付を申請することも可能です。

PR