5つのルールで今年こそ!夏バテは食べ物で解消!
54views

5つのルールで今年こそ!夏バテは食べ物で解消!

今年こそ夏バテや夏太りせずに秋を迎えたい。夏バテは食べ物で解消できます。何かと複雑な夏バテの食べ物での解消方法を5つのわかりやすいルールにまとめました。5つのルールを覚えて守るだけで、夏バテを予防、改善することができます。

辛い夏バテ、食べ物で予防・改善する5つのルール

夏バテとは夏の体調不良のことです。疲労感やだるさ、食欲不振、悪化するとめまいや吐き気までしてきます。体調が悪いのに太ってしまうこともできます。

今年こそ夏バテは食べ物で予防、改善しましょう。覚えるルールはたったの5つです。

ルール1・食事時間を決める

夏バテの原因の一つは、夏の暑さや湿度で自律神経のバランスが崩れることです。

夏バテは食べ物で改善できますが、何を食べるかよりまず前提として食事時間に注目しましょう。毎日決まった時間に食事を摂るようにすると、その時間におなかが空くようになり、体内時計が安定します。自律神経も整い、安眠にもつながるのです。

ルール2・タンパク質を意識して補給

暑い夏は食欲が落ちて、そうめんなどの炭水化物中心の食事になりがちです。これも夏バテ、夏太りの原因の1つです。

夏は気温が上がって基礎代謝が上がるため他の季節より多くのタンパク質を必要とします。それなのに炭水化物中心の食事をすると夏バテまっしぐら。しかも、過剰な糖質はそのものが疲労=夏バテに直結します。

肉や魚、卵などのタンパク質の豊富な食材を必ず主菜として使ってください。

ルール3・ビタミンB1は夏バテの特効薬

うなぎにはビタミンB1がたっぷり含まれています。

栄養ドリンクに必ず含まれるビタミンB1。

ビタミンB1は糖質の分解に欠かせないビタミンですが、水溶性ビタミンで毎日摂取しなくてはいけません。ビタミンB1が不足すると糖質がエネルギーに変換できず、疲労物質が溜まり、疲労感や体調不良、むくみなどの原因となるのです。

水溶性ビタミンは汗で失われますから夏は積極的に摂らなくてはいけません。

ビタミンB1が多く含まれる食べ物は豚肉やうなぎ、鯛、カツオ、大豆、枝豆などです。

夏バテの症状が進み、どうしても食欲がないときには栄養ドリンクやサプリもお勧めです。

ルール4・旬の食材に注目

夏が旬の野菜や魚介類には夏バテに役立つビタミンやミネラルが豊富

食べ物は旬の季節に美味しくなるだけではなく栄養価も高くなります。しかも夏が旬の野菜や魚介類には夏バテに役立つビタミンやミネラルが豊富です。

特に夏野菜は水分が多く、夏バテにかかってしまった場合でも食べやすく、火照った身体を冷ます効果もあります。トマトやピーマン、枝豆など夏野菜の美味しい季節です。冬のイメージの強いかぼちゃも実は夏野菜。

夏に美味しい果物も水分やビタミンが手軽に摂れ、食欲がないときでも食べられます。

鰻やカツオ、太刀魚などの夏が旬の魚も夏バテ回復に良い食べ物です。

ルール5・2つの効果の薬味を使おう

夏料理に欠かせないねぎやにら、しょうがなどの薬味には2つの効果があります。

1つは食欲増進効果。食欲が落ちているときでも香味野菜を効かせた料理なら喉が通ることがあります。

もう1つは薬味に含まれる硫化アリルの効果です。硫化アリルは疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を助け、速やかに疲労感を回復してくれます。

番外編・水分補給を忘れずに

水分補給を忘れずに

食べ物ではありませんが、夏に気をつけたいのは水分の摂り方です。

知らず知らずのうちに発汗で失われる水分。不足すると熱中症の原因になります。

だからといって、喉が渇いてから水をガブガブ飲むと胃腸や腎臓に負担をかけ、身体を冷やし過ぎてしまうためかえってよくありません。
水分はこまめにゆっくり少しずつ補給してください。

甘いジュースは余分な糖分が含まれているためますます夏バテにつながってしまうことになります。カフェインには利尿作用があるため、コーヒーや緑茶も水分補給には向きません。補給するのは水か麦茶などのノンカフェインかカフェインの少ないお茶にしましょう。

PR