しっかり塗らないと効果激減!日焼け止めの正しい塗り方について。
129views

しっかり塗らないと効果激減!日焼け止めの正しい塗り方について。

小麦色に日焼けした健康的は肌、などと言われたのはいつ頃までだったでしょうか?今では、紫外線が肌に有害であることは、誰でもが知ることであり、透き通るような白い肌が美しいとされています。美白のために欠かせない、日焼け止めの正しい塗り方を覚えておきましょう。

日焼け止め化粧品を使っていますか?

日焼け止め効果の数値だけで決めないで。

紫外線が皮膚に有害であることが知られるようになってから、日差しから肌を守ろうと、夏でも薄手の長そでを羽織ったり、日傘や帽子で顔に紫外線があたるのを防ごうとする人が多くなりました。

紫外線対策として、肌を守るために、日焼け止めを使っている女性も多いことでしょう。

日焼け止めには、SPA、PAなどの表示で日焼け止めの効果が記載されており、数値や+の数が多いほど、日焼け止め効果は高くなりますが、だからと言って、数値の高いものを使うのがいいのかというと、そうばかりではありません。日焼け止め効果の高いものは、その分肌への負担も大きくなるからです。

日常生活用の日焼け止めと、アウトドアのレジャー用の日焼け止めは、使い分けるようにするといいでしょう。また、紫外線は、日差しが強い夏だけではなく、1年中降り注いでいることから、日焼け止めは1年中使用することが望ましいものです。

日焼け止めは、少量をうすく塗っていたのでは、期待しているような効果は望めません。日焼け止めの効果は、適正の量を正しい塗り方に従って塗った場合にのみ発揮されるものであり、塗り方によっては、効果が激減してしまうこともあるのです。

日焼け止めの正しい塗り方を覚えて、美しい肌を紫外線から守りましょう。

日焼け止めの正しい塗り方を覚えよう

日焼け止めの正しい塗り方とは。

日焼け止めを使う順番は?

メイクをする際、日焼け止めはどのような順番に塗ればいいのでしょうか?

洗顔をした後、化粧水や美容液、乳液などを使ってスキンケアを行い、日焼け止めはその次に塗ります。秋、冬など、紫外線がさほど強くない時期は、日焼け止めと化粧下地が1つになったものを使ってもいいでしょう。

ただし、春から夏の紫外線が強く降り注ぐ季節は化粧崩れをしやすいため、化粧下地と日焼け止めが1本になっているものでは、化粧崩れと共に日焼け止めも落ちてしまうことになりますから、日焼け止めと化粧下地を両方使ってメイクをした方がいいでしょう。

顔用に1回に使う日焼け止めの量は、だいたい500円玉一個分程度の大きさと覚えておきましょう。これより少ない量では、日焼け止めに記載されているような効果は期待できません。手の甲に、使用量の約半量を取り、おでこ、鼻、両頬、あごの5ケ所5ケ所に置き、指の腹を使って、内側から外側へ優しく伸ばすようにひろげていきます。

2回目も同様に塗り重ねますが、小鼻の周りや、顔の側面部分、デコルテ、耳の後ろなども塗り残しのないように、丁寧に塗っていきましょう。手足に日焼け止めを塗る場合には、関節から関節までの間に1本の線のように日焼け止めをのせて、手で包み込むように伸ばしていきます。また、ボディに日焼け止めを塗る際には、手の甲、足の甲、肘や膝の裏など、塗り残しのないように気を付けましょう。

00b308163c7ff0b04382cca8b999c411_s日焼け止め

塗り直しは必要?

日焼け止めは、朝、メイクの際に塗ったら、夜、メイクを落とすまで効果が持続すると考えるのは間違いです。

特に夏場は、皮脂が多く出て化粧崩れがしやすいですから、日焼け止めも一緒に落ちてしまうと考えておいた方がいいでしょう。しっかりと日焼けを防ぎたいのであれば、化粧直しの度に塗りかえるようにしたいものです。

これは、ウォータープルーフの日焼け止めでも同様で、ウォータープルーフのものは耐水性はありますが、水を遮断しているわけではなく、海では落ちてしまいますから、2~3時間おき塗りかえるか、メイクの上からでもこまめに塗っておくようにしましょう。

summer-635247_640 sunshine 太陽 日差し 光 サングラス 夏 日焼け止め 美白 女性

PR