酔いを覚ます方法は?効果的な酔い覚ましの方法を教えて!
540views

酔いを覚ます方法は?効果的な酔い覚ましの方法を教えて!

会社や友達などで飲みに行ったときには、ついつい飲みすぎてしまうということがありませんか?飲みすぎてしまった場合、早く酔いをさましたいと思うのではないでしょうか?飲酒時に効果的に酔いを覚ます方法などをご紹介しましょう。

飲み会・女子会で効果を発揮!酔いを覚ます方法とは?

お酒が弱いけれど、飲み会の雰囲気が好きで参加している方は、早く酔いを覚ます方法を知りたいのではないでしょうか?

お酒が弱いと、少し飲んだだけで顔が赤くなってしまうので、効果的に酔いを覚ます方法を知りたいですよね。酔いざましの方法をいくつかご紹介しましょう。

酔いを覚ます方法【オレンジジュース】

オレンジジュース

酔いを覚ますためにオレンジジュースを飲むの!?と思われた方もいらっしゃるでしょう。オレンジジュースを飲むと、効果的に酔いを覚ますことができます。なぜなら、オレンジジュースには、アルコールを分解する作用があるからです。

オレンジジュースを使った実験もされています。オレンジ100%のジュースをラットに与え、その後にアルコールを飲ませた場合と、オレンジジュースを飲ませなかった場合を比較すると、最初にオレンジジュースを飲ませたラットの方が、アルコールの分解スピードが早かったようです。このような研究結果から、オレンジジュースにはアルコールを早期分解する力があると言えます。

よって、飲み会があるときには、アルコールを飲む前に、オレンジジュースを飲むことがポイントです!オレンジジュースがない場合は、グレープフルーツジュースなどの柑橘系のジュースでも代用が可能です。

酔いを覚ます方法【しっかりと食事をとる】

しっかりと食事をとる

空腹時にアルコールを飲むと、胃腸がアルコールをしっかりと吸収してしまうため、すぐに酔っぱらってしまう結果に。

飲む前にしっかりと食事をとることによって、胃腸がアルコールだけを吸収することを防げるため、酔いが回るスピードを落としてくれます。

飲む前には、炭水化物などの食事をとることが大切です。

酔いを覚ます方法【牛乳を飲む】

牛乳を飲む

アルコールを摂取する前に、牛乳やヨーグルトなどを飲んでおきましょう。

このようにすることで、胃腸に粘膜をはることができ、その後に飲むアルコールを吸収する力を抑えてくれます。アルコール分の吸収が緩やかになることで、酔いにくい状態となるでしょう。

酔いを覚ます方法【ウコン茶を飲む】

ウコン茶を飲む

ウコン茶を飲むことによって、肝臓のアルコールを分解する力をアップさせられます。ウコン茶にはクルクミンという成分が含まれており、このクルクミンがアルコール分解酵素の働きを促進してくれるのです。

肝臓がアルコールを分解するときは、胆汁から分解酵素を分泌するのですが、クルクミンの成分は胆汁の働きを活性化してくれます。

お酒を飲みすぎたなと思ったら、ウコン茶を飲んで肝臓のアルコール分解能力を高めましょう。

酔いを覚ます方法【柿を食べる】

柿を食べる

飲みすぎたなと思ったら、デザートに柿を注文して食べてみてください。柿に含まれているフルクトースという成分は、アルコールの分解をサポートしてくれます。
また、柿にはペクチンも含まれており、この成分は血液中のアルコール濃度を下げてくれる効果があります。
さらに、柿の渋みの素となっているタンニンという成分には、胃腸の粘膜を引き締める効果があります。

フルクトースとペクチンは果物に含まれているため、柿がない場合はオレンジやりんごなどの他の果物でも良いのですが、柿は利尿作用を高めるタンニンが高いため、体内のアルコール濃度を薄めたいのであれば、柿がベストと言えるでしょう。

PR