シワの治療のために使われるヒアルロン酸とは、安全なものなの?
47views

シワの治療のために使われるヒアルロン酸とは、安全なものなの?

加齢とともに増えるシワをなんとか目立たなくさせたい、できればシワを伸ばしてなかったことにしたい、というのは、多くの女性の願いですね。少し前までは美容クリニックでシワの治療にはコラーゲンが使われていましたが、最近ではヒアルロン酸が主流です。ヒアルロン酸とは安全性の高いものなのでしょうか?

シワの治療のためのヒアルロン酸とは?

コラーゲンからヒアルロン酸に変わった理由。

年齢を重ねるとともに、鏡にうつった自分の顔を見て、若いころのシワなどない、ハリのある美しい肌に戻りたいなぁ、などと思うことが増えますね。

そんな望みをかなえるために、美容クリニックでは以前はシワにコラーゲンを注入する治療を行っていました。しかし、コラーゲンの主成分はタンパク質であるため、アレルギーを持っている人は副作用を起こしてしまうことがあり、アレルギーの検査をした上でしか施術を行うことができませんでした。

ところが、ヒアルロン酸は、アセチルグルコサミンとグルクロン酸が結合した糖であり、タンパク質を含まないため、アレルギーの心配がないというのが、シワ治療にヒアルロン酸が用いられるようになった大きな理由です。

シワなどない、ハリのある美しい肌に戻りたい

ヒアルロン酸を用いたシワ治療とは。

美容クリニックでの施術方法は?

ヒアルロン酸を用いてシワの治療を行う際は、伸ばしたいシワに注射器でヒアルロン酸を注入するという施術が行われます。

ヒアルロン酸は高分子であり、粘性が高いものであるために、細い針の注射器では注入が難しいのですが、それぞれのクリニックで、できるだけ細い針を用いるようにしたり、麻酔のためのテープや塗り薬などを使うことで、痛みを極力抑えた治療を行うように工夫されています。

76274d5c9b3e52eedee37999d423ebd1_sエステ

副作用の心配はないの?

アレルギーを引き起こさないというのが主な理由で、シワの治療に採用されるようになったヒアルロン酸ですが、副作用がないわけではありません。

アレルギーに関しても、純粋なヒアルロン酸であれば、アレルギーが起こることはないはずですが、中には、効果を長い期間持続させるためなどの理由で、他の成分を加えて治療しているクリニックもあり、その加えられた成分が原因のアレルギーの副作用なども報告されています。

また、施術者の技術の問題もあります。ヒアルロン酸を伸ばしたいシワの部分に均一の状態で注入したいところが、技術が足りずにダマになってしまい、シワの部分が凹凸になってしまったというようなケースもあります。

この場合、純粋なヒアルロン酸であれば、溶かすことができますから、治すことも可能ですが、ヒアルロン酸以外の成分が加えられている場合には、うまく溶かすことができずに、凹凸が残ってしまうということもあります。

また、ヒアルロン酸を注入する際に、誤って血管に注入してしまうと、粘性のあるヒアルロン酸が血液の流れを塞いでしまい、重大な副作用を起こすこともあります。

実際にほうれい線の治療でヒアルロン酸を注入した際に、動脈に注入されてしまい、鼻の皮膚が壊死してしまったという事例も報告されています。

治療を受ける際は、クリニックを選ぼう。

シワの治療で、ヒアルロン酸の注入をするのであれば、施術を受けるクリニックは慎重に選ぶようにしましょう。

施術費用が安いことや、効果が長持ちするという宣伝だけを理由に選んでしまうのは、危険です。ヒアルロン酸というのは、時間とともに代謝されていき、効果が薄れていくものなのですが、効果が長持ちするというのであれば、何か他の成分が加えられている可能性もあります。

また、施術費用が安いことよりも、技術が高い医師が施術してくれるクリニックを選ぶようにするべきでしょう。ヒアルロン酸を用いたシワの治療を受ける際には、副作用もゼロではないということをきちんと頭におき、正しい知識を持ってから施術を受けるようにしたいものです。

治療を受ける際は、しっかりクリニックを選ぼう

PR