もはや常識?ポリフェノールの効能を知って健康的な生活をしましょう
51views

もはや常識?ポリフェノールの効能を知って健康的な生活をしましょう

ポリフェノールは様々な成分の総称であり、抗酸化作用が主なポリフェノールの効能になっています。その他にも様々な健康に良い働きをするので、総体的に身体を健康にするためダイエットにも安心で効果があります。食事からでも多くの食品から摂取することができるので、ぜひ試してみてください。

皆さんはポリフェノールというものについてご存知でしょうか。

ポリフェノールはもはや言うまでもなく有名になった成分ですが、意外に身体に良いという点だけしか知らないで摂取している人も多いのではないでしょうか。

今回はそのポリフェノールの効能をもっと深く知ることでさらなる健康へのステップアップのためにポリフェノールの説明をしていきたいと思います。

ポリフェノールは様々な成分から生成されているものなのです

ポリフェノールの成分について

ポリフェノールの成分と聞くと実際にはポリフェノールそのものが成分だと思われがちですが、ポリフェノールは様々な成分から生成されているものなのです。

その内容生成としてはフラボノール・イソフラボン・タンニン・ケルセチン・カテキン・アントシアニンなどの物質の総称であるというのが意外にも知られていません。

それでも健康志向を目指している人なら、イソフラボンやケルセチンなどは健康食品に多く使われているので、そのような物質の総称としてポリフェノールはやはり健康に対して良い働きをしてくれることが再認識出来ると思われます。

このポリフェノールですが動物には存在しないものであり、全てが植物成分から成るものであるというのも意外かもしれません。

ポリフェノールの効果

そのポリフェノールの効果として多くの人が知っているのは活性酸素の抑制効果だと言われています。

こういうと活性酸素は悪者なのかと思われがちですが、活性酸素自体は癌にたいして働きかけたり、ばい菌などに対して抗菌作用があるということが認められています。

しかしこの活性酸素も適度に存在する分にはいいのですが、ストレス環境や紫外線やタバコなどによって過剰に活性酸素が生まれてしまうと、今度は返って身体を傷つけてしまうということが知られています。

そのために注目されてきたのが抗酸化作用を持つと言われてきた食物や成分であり、その一つにポリフェノールがあったというわけであります。

過剰に活性酸素が生まれてしまうと、今度は返って身体を傷つけてしまう

このように抗酸化作用として有名になったポリフェノールですが、それ以外にも健康にとって様々ないい働きがあることが分かり、例えば美肌効果や殺菌作用、動脈硬化、ガン予防、高血圧の予防、さらには認知症にも効果があることが最近ではわかってきました。

健康面で様々な効果を上げる事によって総体的に健康を増進させるという意味では、ダイエットにも用いられることが多くなってきていますが、あくまでだんだんと身体を改善していくものなので安心感があるのも頷けます。

ポリフェノールの摂取方法

そんな身体を改善するポリフェノールの摂取方法なのですが、やはり一番有名になったことからも赤ワインなどで摂るのが良いのではと思われがちです。

もちろん赤ワイン自体もしっかりと量を守れば酒は百薬の長と言われますので良いのですが、ポリフェノールは様々な成分からできているために、身の回りにある様々な食品からも摂取することができます。

例えばカカオなどのチョコレートからもポリフェノールは摂取できますし、各種緑茶や紅茶やコーヒーなどからもポリフェノールを摂取することができるので、おやつなどの時間にも摂れるのも嬉しい点ですね。

チョコレートからもポリフェノールは摂取できます

もちろんメインの食事にもポリフェノールを摂れる食品があって、例えばさつまいも、ブロッコリー、春菊、ごぼう、なすなどの野菜や、バナナ、ブルーベリー、ぶどう、りんご、いちご、キウイ、さくらんぼなど様々な果物からの摂取できるので、ぜひ試してみてください。

PR