キレート食材ってなに?キレート食材のおすすめな調理法
99views

キレート食材ってなに?キレート食材のおすすめな調理法

あまり聞きなれないキレート食材。キレート食材ってどんなものか知っていますか?キレート食材はどんなものか、美容効果のあるキレート食材のおすすめな調理法を紹介していきます。キレート食材の効果を活かしてきれいな体を目指しましょう!!

キレート食材のおすすめな調理法!!

玉ねぎのおすすめなキレート調理法を紹介します

おすすめな調理法を見る前に、まず気をつけたいのが食材の選び方です。口に入れる食材に気を使うことで、有害物質の量を抑えることができるので心がけてもらいたいです。

肉類は、産地を確認してください。魚介類は天然ものを。野菜類は、無農薬、減農薬、その土地で採れたものや旬のものを選んでください。調味料、加工品は、無添加のものを選んでください。少し多い気がしますが、キレート食材で料理するにはこれくらいしなくては始りません。

野菜類で、キレート食材と言われている食材は「たまねぎ・トマト・ネギ・ホウレンソウ」などです。

安く手に入れることができる玉ねぎのおすすめなキレート調理法を紹介します。玉ねぎと固形スープと塩コショウだけで簡単スープを作ることができちゃいます。スーパーで安く手に入れることができる玉ねぎですが、実はすごいキレート作用をもっています。それは「イオウ化合物」です。

この「イオウ化合物」には「有害ミネラル」だけを選んで結合する。という性質があり、体に必要な「必須ミネラル」には結合せず、「有害ミネラル」だけを体から排出してくれます。

また、この「イオウ化合物」ですが、抗酸化作用・抗菌作用・疲労回復効果があります。そのため、毎日の食事に積極的に取り入れたい食材です。その他に、玉ねぎがいい理由が、「セレニウム」や「オリゴ糖」といった作用も持っているのです。とくに、腸内で悪玉菌を増やしてくれる「オリゴ糖」は女性にとってうれしいキレート作用です。

玉ねぎは、比較的取り入れやすい食材だと思います。さっそく今夜の食事に加えてみてください。

そもそも・・・キレートって・・・?

キレートとは、「かにのはさみ」という意味です

キレートとは、「かにのはさみ」という意味です。かにのはさみのように挟み込んで排出してくれる食材のことをキレート食材という風に呼んでいます。

有害ミネラルと有害化学物質が体内に溜まっていくと体調不良が現れます。毒素をためっぱなしにしてしまうと・・・肌荒れ・肩こり・便秘に冷え症。肥満・アレルギーや頭痛・気分の不安定・うつ状態・貧血などなどの聞いていて怖くなる症状が現れます。

どうですか?当てはまってはいませんか?また、生活習慣病の原因・痴呆・記憶障害などの脳・神経系の障害がでると言われています。

悪循環が続くといつまでたっても排出できません。意識して、有害物質を体の外に排出して体の浄化を行う「デトックス」をしていきましょう!

きれいと食材を使った調理法はまだまだある!

玉ねぎ以外にもたくさんあるキレート食材

玉ねぎ以外にもたくさんあるキレート食材ですが、比較的購入しやすい食材の調理法をまとめてみようと思います。

最初に、「ホウレンソウ」ほうれん草には豊富にβーカロテンという作用が含まれています。活性酸素を抑制する働きがあります。デトックスに優れているのです。Βーカロテンは加熱して油と一緒に摂ると吸収率が高くなるんですよ!!茹でるだけじゃなく、卵やかぼちゃと一緒に炒めたりして食べてみてください。

次は「小松菜」解毒成分のイソチオシアネートという成分が含まれています。この成分ですが、毒素となる物質の活性化を防いだり、異常細胞の増殖を抑えてくれる性質があります。小松菜の色素成分のネオサンチンは肥満を防ぎ、白血球を活性化してくれて免疫力を高めてくれる働きもあるのです。お浸しで食べるとおいしいですよね。

次は「トマト」トマトと聞けばリコピンを思いつきます。リコピンは強力な抗酸化作用を持っていて、血液をきれいにして体内の老廃物を取り去り、新陳代謝を活性化してくれるたくさんのデトックス効果を持っています。トマトは、生のままより加熱することで、デトックス効果がアップします。パスタやスープにして食べてみてください。

実はまだまだたくさんあるキレート食材。皆さんも手軽にきれいで健康な体を目指してみませんか?

PR