【お母さんの強い味方】新生児訪問とは!?いったいどんなことをするの?
124views

【お母さんの強い味方】新生児訪問とは!?いったいどんなことをするの?

日本の自治体では、新生児訪問というものが行われています。これは、赤ちゃんが産まれた家庭に保健師が訪れて様々なチェックを行うというものです。初めての子育てで不安いっぱいのお母さんにとってはとても嬉しいことですね。新生児訪問とは何をするものなのか、どんなことを準備しておけば良いのかまとめました。

そもそも新生児訪問とは何?

adorable-22040_640 newborn 新生児 baby 赤ちゃん 妊娠出産

新生児訪問の正式名称は「新生児訪問指導」と言います。

これは、母子保健法第11条で定められていて、各自治体が行うことになっています。赤ちゃんの健全な発育のサポートを目的に行われているもので、生後4か月までの赤ちゃんいるすべての家庭が対象となっています。

新生児訪問にやってくるのはどんな人?

新生児訪問にやってきていろいろな事をチェックしてくれるのは、保健師や助産師の方たちです。

赤ちゃんを育てる上で必ずお世話になる方たちなので、自分の自治体の保健師や助産師の方とは仲良くしておいた方が良いですよ!

どのくらいの時間がかかるの?

新生児訪問には大体30分から1時間ほどかかるとされています。

家庭によって所要時間は変わってくるので一概には言えません。長時間かかるというものではないので、家事や子育ての合間に行うことは十分可能だと思います。

新生児訪問では一体どんなことをするの?

赤ちゃんの発育をチェック!

赤ちゃんの発育をチェック!

まずは赤ちゃんの発育の具合をチェックしていくところから始めます。

身長や体重などを測定します。体重に関しては、目安の体重より少なすぎる場合や多すぎる場合には、普段のミルクの量や、母乳の量などを測定して細かくチェックをします。目安の体重より少なくても多くても、赤ちゃん自身に元気があってバランスよく発育していることが明らかであれば、心配することはありません。

お母さんの状態もチェック!

お母さんの状態もチェック!

初めての育児はお母さんの負担がものすごく多いものです。

身体的なものから精神的なものまで、お母さんの状態が健康かどうかチェックします。お母さん自身に調子を聞いてみたり、会話の中で不自然な点は無いか、注意深くチェックします。

チェックといってもテストのようなものではないので、変に身構える必要はありません。

いろんな案内をしてくれます!

いろんな案内をしてくれます!

自治体で行われている子育ての相談会や、健診、予防接種などの情報を案内してくれます。

自分一人で把握しようとすると、慌ただしさにまぎれて忘れてしまうということがあるので、新生児訪問の時に言ってもらえると、お母さんはとっても助かるのではないかと思います。

質問の準備はしっかりしておきましょう!

新生児訪問は、保健師や助産師の方にとことん質問できるとても良い機会です。

日頃から疑問に思うこと、困ること、不安なことなどをメモしておいたり、頭に残しておいてこの機会に解決するようにしましょう。細かいことでも構いません。思い切ってガンガン質問することが大切です!

新生児訪問は断っても大丈夫ですが…

新生児訪問は自治体によって異なりますが、絶対に受けなければいけないというものではない場合があります。

仕事などの関係で時間が取れないというケースなどもあり、個々の家庭によって事情があるので、ケースバイケースとなります。

ですが、赤ちゃんの育て方について良く知ることができる機会でもあるので、受けておくことをオススメします。自分の育て方を見直すことができるチャンスになります。

保健師や助産師の方と早くから交流を持っていると、その後の相談が楽になったりすることもあるので、できる限り受けるようにしましょう。

PR