健康パワー、美容パワーが話題に!亜麻仁油とは一体どんな油なの?
85views

健康パワー、美容パワーが話題に!亜麻仁油とは一体どんな油なの?

亜麻仁油とは亜麻という植物の種子から取れる油で、様々な栄養素を含んでいる食用油です。子供からお年寄りまで使うことができます。学修能力を向上させてくれる働きのほかに、認知症の予防、美容効果もあります。熱に弱いので、加熱する料理に使わないようにしましょう。ドレッシングにかけていただくとよいでしょう。

亜麻仁油とは

亜麻仁油とは亜麻という植物の種子から取れる油

亜麻仁油とは亜麻という植物の種子から取れる油

亜麻仁油は、亜麻という植物から採れる油のことで、種子から油を絞り出します。パルミチン酸やステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、α-リノレン酸、水溶性食物繊維などを含みます。

熱に弱い油なので、ドレッシングとして利用

熱に弱い油なので、ドレッシングとして利用

亜麻仁油とは、熱に弱い油であるため、できるだけ熱処理をしないで摂取するとよいでしょう。熱い食材と一緒に食べると、油が酸化してしまうので、加熱する料理には使わないようにしましょう。サラダのドレッシングとして利用すれば、野菜の栄養分と一緒に栄養分を身体に取り込むことができます。

青魚を食べた時と同じ効果が!

青魚を食べた時と同じ効果が!

亜麻仁油は青魚と同じオメガ3を豊富に含んでいるので、魚嫌いな方やお子様にピッタリな油です。脳の海馬の働きを活発化させるので、記憶力の向上や、認知症にも効果があります。そのため、子供さんからお年寄りまで積極的に食生活に取り入れたい油です。またストレスを緩和させてくれる働きや、ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあるので、うつ病の改善や美肌効果も期待することができます。新陳代謝もよくなるため、肌や髪も美しくなります。肌荒れに悩むときに、亜麻仁油を摂取するとよいでしょう。

亜麻仁油の健康パワーはガンを抑制する効果も

皮膚や粘膜を強くさせる効果も!

亜麻仁油にはα-リノレン酸がゴマの150倍も含まれています。人間の体内では生産することができない必須脂肪酸です。この脂肪酸の役割は、人の皮膚や粘膜を強くさせる働きがある他にも、細胞一つ一つに働きかけ、細胞が本来持つ働きを正常化させるため、傷ついたガン細胞を修復する効果があります。少量ずつ毎日摂取し続ければ、ガンを抑制する効果があることが解ってきています。抗酸化作用も強い油であるため、アンチエイジング効果や、肌をいつまでも若々しく保ち続ける効果もあります。

腸内環境を改善化させてくれます

亜麻仁油には腸内環境を改善してくれる働きがあります。食物繊維を豊富に含んでいるので、腸内の善玉菌を増やしていくことが可能です。大腸がんの予防にもなります。

身体や美容によいのですが、過剰摂取は厳禁

亜麻仁油は、いくら健康や美容に良いからと言って過剰に摂取すると、便が緩くなってしまったり、血液の凝固を阻害する働きがあるため、怪我の治りが遅くなるなどの弊害があります。また疲労感やアレルギーの症状が酷くなることもあるので、これらの症状が出てきたら使用をやめましょう。

酸化しやすい油なので、開封したらすぐに使おう

亜麻仁油は酸化しやすい油であるため、一度開封すると、油の酸化が進んでいきます。小さなサイズのものを購入し、開封したら早く使用するようにしましょう。

サプリメントなら手軽に取り入れられます

サプリメントなら手軽に取り入れられます健康や美容のために亜麻仁油を効果的に取り入れたいという方は、サプリメントを利用するのも一つの方法です。サプリメントであれば、加工されているので、酸化による油の劣化の心配もなく、手軽に毎日続けていくことが出来ます。摂取上限があるので、きちんと規定の摂取量を守りながら、続けていくことが大切です。

PR