アダルトチルドレンとは何!?その特徴と克服方法
236views

アダルトチルドレンとは何!?その特徴と克服方法

アダルトチルドレンとは、子供のまま大人になってしまった人のことではなく、問題のある親がいる家庭で育った人を指します。子供は幼少時に育った家庭の影響を強く受けており、大人になった今でもトラウマを抱え続けます。

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレンとはアメリカで生まれた言葉で、アルコール依存症の親がいる家庭で育った人を指します。ほかに、児童虐待などが行われた家庭で育ったことから、大人になってもトラウマを抱える人が該当します。

名称のイメージから、子供のまま大人になってしまった人であるかのような印象がありますが、それは「ピーターパンシンドローム」のことで、誤解されることが多いようです。アダルトチルドレンは病名ではなく、ただの状態を示す言葉です。

アルコール依存症の親

アルコール依存症の親

アルコール依存症の親に育てられた子供は、自分の精神状態がコントロールできない親を見て育つことによって、精神的に不安定な子供になります。酔った親に暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりすれば、家庭内に子供の居場所はなくなるでしょう。

また、アルコール依存症の親に育てられた子供は、自分もアルコールに走ったり、親と同じようなアルコール依存症の配偶者を選ぶ確率が高いと言います。ただ、こういう親を見て育った人は、反面教師的に自分は酒を飲まず、親から学んだ教訓によってアルコール依存症患者をサポートするような職業に就く人もいるということです。

児童虐待をする親

児童虐待をする親

児童虐待には、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待(言葉の暴力)、ネグレクト(養育放棄)など、さまざまなケースがあります。特にネグレクトでは、親は子供の面倒をみようとしないことから、子供が病気になっても病院に連れて行かず、学校へ通わせていないような場合もあるようです。このような親に育てられた子供は、多くのものをあきらめて育つことになります。

今の日本は核家族が増えており、父親も母親も朝から晩まで仕事をしていて忙しい状態や、逆に母親が孤立してひとりで子育てをするような状態があります。そんなとき、子育てが上手くいかないと不安に思ったり、子供が言う事をきいてくれない等と強くストレスを感じる事があれば、児童虐待などに繋がる可能性が高まることは想像できます。夫婦仲に問題のある家庭でも、児童虐待をする可能性が高くなります。

アダルトチルドレンの特徴

アダルトチルドレンはいくつかのタイプに分けられています。親から愛されようとして優等生になろうと努力する「優秀なヒーロータイプ」、逆にトラブルを起こすことで自分を認めてもらおうとする「問題児のスケープゴートタイプ」、家庭問題を静かにやり過ごそうとする「目立たないロストワンタイプ」、道化を演じる「ピエロタイプ」、献身的に家族の面倒をみようとする「世話焼きのケアテイカータイプ」などに分かれます。

子供の性格によって、それぞれの役割を演じるということです。アダルトチルドレンの人は子供の頃に負った心の傷が原因で、社会生活や人間関係がうまくいかなくなり、神経症やうつ病を患ってしまうケースもあります。自分をアダルトチルドレンと認め、心の傷と向き合うことが大切です。

アダルトチルドレンの克服方法

アダルトチルドレンの場合、子供の頃には戻れませんから、治療法というより克服方法を身につけることでしょう。グループ療法をしたり、専門医のカウンセリングを受けるというような方法も選べます。

グループ療法で、自分と同じアダルトチルドレンの人を知り、体験談を聞くことなども参考になるかもしれません。また、多くのアダルトチルドレンの患者を診断してきたカウンセラーの力を借りることによっても、解決の糸口を見つけることができるでしょう。

PR