最終手段!気持ち悪いときの吐き方を覚えておく
3,071views

最終手段!気持ち悪いときの吐き方を覚えておく

吐き気をもよおす気分の悪い時というのは色々な場面があります。 お酒を飲みすぎて気持ち悪い時もありますし、船酔いなどの特別なシチュエーションもあります。 また単純に体調が優れなくて吐き気が生じることもあります。 気持ち悪いときの吐き方を正しく知っておくならばいざというとき役に立ちいます。

長い人生誰にでも訪れるどうしても吐きたい瞬間に備える

吐いてしまいたいほど気分が悪い時

吐いてしまいたいほど気分が悪い時嘔吐というものは基本的に苦しいもので、誰も好んで吐きたいとは思いません。しかし大人になれば様々な場面で「もう早めに吐いてしまって楽になりたい」という瞬間があります。
お酒の席で飲みすぎて悪酔いし、一回吐いて少し楽にしたいという大人な事情の時もあると思います。それ以外にも船酔いや体調不良など色々な場面が想定されます。

そのように気分が優れない時に、吐くことなくすぐに快方に向かえば一番なのですが、どうしても吐き気が収まらないという時は自分で意識的に吐いてしまうというのもひとつの方法なのです。お酒の飲み過ぎで吐きたい時などは吐くことによってアルコール分が外に出るわけではないのですが、体を守る胃腸の反応として嘔吐が起こっている場合もあり、ともかく一時的にでも楽になりたいという場合は自分で吐いてしまうこともできます。
この記事では気持ち悪い時の吐き方を学んで覚えておくようにしましょう。

自分で吐く方法

自分で吐く方法自分で吐くためには、吐きやすい態勢を知っておくことが大切です。立ち上がって前かがみになるようにします。多くの場合、吐く時にはこういった態勢に自然となっていることが多いですね。
そして水分が十分にあることが必要ですので、水やぬるま湯を飲んでから吐くことが大切です。
また、指を喉のほうに差し入れて刺激し、腹筋に力を入れて一気に吐き出すようにするとやりやすいです。ただし、指を口に入れる場合には手をしっかり洗ってからおこなう必要がありますし、爪などで口内や喉を傷つけないように慎重におこなうようにしてください。
かなり吐き気が強い場合は指などを口に入れなくても、腹筋に力を入れて吐こうとすると簡単に吐けてしまうことが多いので、指を突っ込むのが不安な方はこうした方法で頑張ってみましょう。くれぐれも強引なやり方で吐こうとすることがないように気をつけてください。

慣れてくるとコツを掴んで比較的簡単に吐けるようになるかもしれません。しかし、何度も頻繁に自分で嘔吐を繰り返すというのは、あまりお勧めできるものではありません。
その点を続く部分で考えてみましょう。

嘔吐による身体への負担

吐く時は当然辛いので、何がどうなっているのかわからないものです。
でも思い出してみると、嘔吐の直後というのは喉の奥がヒリヒリするような感触になったりと、明らかに身体によくなさそうな状態が生じます。想像に難くないと思いますが、嘔吐というのは身体に負担が大きいもので、決してしょっちゅう気楽に吐くべきではないのです。あまり激しく自分で嘔吐することを無理に繰り返すと、食道を痛めてしまう危険性もあります。
自分で吐く方法というのは多用するのではなく、どうしても辛い時の応急処置という感覚で覚えておくようにしましょう。
過食嘔吐などの問題を継続的に抱えている方は、必ず病院で診察を受けるようにしましょう。

自分で吐く方法というのは、どうしても辛い時の応急処置以上のことをよく理解した上で、忘年会や新年会、歓送迎会シーズン等を含め、お酒が多くなる時などのために、一つの知識として気持ち悪い時の吐き方を覚えておきましょう。

PR