人間がお酒で酔うメカニズムとお酒に強くなる方法
421views

人間がお酒で酔うメカニズムとお酒に強くなる方法

年末年始は何かにつけてお酒を飲む機会が増えると思います。その為、お酒が苦手な方にとってはかなり憂鬱な季節なのではないでしょうか。そこでこのページでは、お酒に強くなる方法や、何故お酒を飲むと酔ってしまうかのメカニズムなどを紹介していまうすので、チェックしてください。

お酒に強くなるためには

お酒に強くなるためには忘年会や新年会のシーズンでは、お酒を飲む方が増えてくると思いますが、中にはお酒が弱いので気が滅入っているかたも少なくないと思います。飲みニケーションなどという言葉が生まれるくらい、ビジネスマンの中にはお酒の席を大事にしている為に、たとえ苦手だと思っていても、なるべく出席したいところだと思います。

そこでこのページでは、お酒に強い人と弱い人の違いについてや、お酒に強くなる方法などをご紹介させて頂きます。お酒が弱いとお悩みの方は、しっかりチェックして頂き、お酒に強くなれるようにしっかりとチャレンジしてみてください。

お酒の強い人と弱い人の違いとは

お酒が弱いという方は、飲んだアルコールを分解する力が弱いという事になります。飲んだアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに変化されます。さらにアセトアルデヒドは酵素の働きによって酢酸に変わります。

酢酸に変えられてしまえば、体内では無害ですので酔いません。弱い人はALDH2というアセトアルデヒドを酢酸に変化させる酵素の働きが弱い為酔っ払いやすくなってしまっています。お酒の強い人と弱い人の違いは、このALDH2という酵素の働きが強いか弱いかによって、ほぼ決まってしまっているという事になります。

日本人より外国人の方がお酒に強いちなみに、日本人の40パーセント近くはこのALDH2が弱い低活性型で、7パーセントは変化させる力の弱い非活性型と言われています。欧米には、低活性型や非活性型の人はほとんどいませんので、外国人の方がお酒に強いのはこういった理由からです。

ALDH2の働き以外での要因

ALDH2というアセトアルデヒドを酢酸に変化させる酵素の働きの強弱によってお酒への強さは変化する事をご紹介しましたが、他にも様々な要因が考えられます。その最も大きいのが水分量です。

男性よりも水分量の少ない女性は酔いやすい体内の水分量が多ければ酔いにくい傾向にありますので、男性よりも水分量の少ない女性は酔いやすいと言えます。また、20代と60代では体内の水分量が全く違いますので、年を重ねれば重ねるほど酔いやすいと言えます。また、アルコールは脂肪に溶けにくい性質がありますので、太っている人と痩せている人では、太っている人の方がお酒に弱い傾向にあります。

水分量の他にも、体格が大きい方の方が肝臓は大きくなっていますので、アルコールを分解する力も大きい為に、お酒に強い傾向にあります。

お酒に強くなる方法

お酒を飲む時には胃の粘膜を保護するお酒に強くなる方法でとても重要な事は、お酒を飲む時の胃の状態です。お酒を飲む時には胃の粘膜を保護するために、すきっ腹ではなく胃に食べ物を入れておく事が重要になります。空腹状態を避け、食べ物や牛乳のような膜を胃の中に張ってからアルコールを摂取すると酔いにくくなります。

また、お酒に強くなるために、毎日少量ずつお酒を飲むのも効果的です。アセトアルデヒドを酢酸に変化させるALDH2の他に、ミクロゾームエタノール酸化酵素もアルコールを分解させるのに効果的な酵素です。ミクロゾームエタノール酸化酵素は、アルコールを飲む事で鍛える事のできる酵素ですので、毎日少量ずつ飲み続ける事によってある程度まではお酒に強くなる事ができます。

PR