覚えられない人へ…これを食べれば記憶力が上がる!?記憶力を上げる食品
290views

覚えられない人へ…これを食べれば記憶力が上がる!?記憶力を上げる食品

物忘れがひどい…勉強したことをなかなか覚えられない…そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?なにか記憶力が上がる方法があればいいのに、と思ったこともあるでしょう。そこで、ここでは記憶力を上げる効果があるといわれている食品を紹介いたします。

記憶力を上げる食材って本当にあるの?

記憶力を上げる食材って本当にあるの?記憶力を上げる食品はありますが、その効果がすぐに発揮できるわけではないことを先に説明させてください。日ごろの記憶力を上げるためには、その食品を適量を摂取し続けることが大切です。

では、どんなものがいいのかお話していきます。記憶力を上げてくれるものは、青魚・ブドウ糖・レシチン・アラキドン酸です。

青魚は、サバ・サンマ・イワシなどのDHAが豊富に含まれている魚を摂取するのがいいでしょう。これらの青魚は記憶力を高める食品として定着しているのではないでしょうか。DHAには血液中に含まれる赤血球などを柔らかくし、血液をサラサラにする働きがあります。脳の発達にも関係してくる重要な成分です。
ブドウ糖は脳にとってただ一つのエネルギー源です。ブドウ糖の供給源の炭水化物は不足してはいけません。ご飯・パン・麺類は炭水化物が効率よく取れてなおかつ記憶力を高める基本の食べ物です!最近のダイエット法として「炭水化物抜き」にしたものがありますが、脳のことを考えればとっても危険です。脳のほかに腎臓や肝臓への負担も増えます。バランス良く食べてください。
レシチンは大豆・卵の卵黄、ピーナッツ・穀物に豊富に含まれています。レシチンは脳内のアセチルコリンの材料となります。アセチルコリンとは、脳内伝達物質として活躍している成分です。
卵やレバー、お肉に含まれるアラキドン酸も脳の働きに重要な成分とされていますが、オメガ脂肪酸の一種なので食べ過ぎ注意です。

ということは・・・食事を和食中心にしていけば、記憶力を高める食事を効率よく取れるという結論に達します。ちょっと食生活を見直してみませんか?

食事で補えなければ・・・

食事で補えなければ・・・現代社会に生きる人たちは、三食しっかり食べたいけど、食べれないこともある。食事だけで栄養素を摂取するのは大変。という時には、サプリメントで成分を補うことも可能です。ただし、アレルギーの恐れがある、服用している薬がある方は一度主治医に相談してから、サプリメントを服用してください。
近年、サプリメントと一口にいってもたくさんのものが市場に出回っています。どれがいいのか、どんな成分が入っているのか。また、安心・安全であるか確認してから購入してくださいね。

記憶力を高める食材が、将来を助けるかも!?

食事を見直してみましょう体の健康は気遣うことはできても、脳の健康はなかなか気遣えないものです。本当は、脳の健康はいくつになっても気遣ってあげなければなりません。食事を気にかけることにより、脳の健康も維持できると考えられます。

やはり青魚は優秀な食材で、EPAの成分が血行を良くし、脳の萎縮を予防することができ認知症の予防にもなるのです。加齢とともに記憶力の低下がみられます。年配の方はこの傾向がよく見られます。栄養素の不足が原因で脳がしっかり機能していないだけで、認知症と勘違いされてしまうほどの状況になってしまうこともあります。

他には、脳の血管が詰まり、神経に障害が出てしまって認知症につながることもあるのです。そうなってしまわないためには、食生活の改善です。食生活を和食中心のものに置き換え食事を見直してみましょう。
仕事でも成果を上げることがきっとできますし、これからの楽しい生活を送れることでしょう。

PR