こんな油待ってました!太らない、体に良いオメガ3脂質の働き
193views

こんな油待ってました!太らない、体に良いオメガ3脂質の働き

体によいとされる油がこの世には存在します、物忘れなどに有効といわれるDHAやEPAもその一つです、オメガ3脂質の働きやその効果、そしてどういった食品に多く含まれるかなどをまとめました。上手に食べてダイエットしましょう!!

オメガ3脂質って

不飽和脂肪酸

亜麻仁油

代謝を促し体内の不要な油を排除する効果があるとされています。

どんな効果があるの?

コレステロール値をさげます

コレステロールは血管を詰まらせたり動脈硬化を引き起こしたりしますが、オメガ3脂質にはこれらのコレステロールを下げる働きがあります。

中性脂肪を下げます

アルコールや脂分の多い食事、不規則な生活によってついてしまう内臓の脂肪、その内臓脂肪でなかなかとりにくいとされる中性脂肪ですがオメガ3脂質を多く含む食品を積極的に摂取することで中性脂肪の値を下げる結果が出ています。

ダイエットにも効果があります

むやみやたらと食事を制限してしまったりするダイエットは将来、要介護の自分への近道になります。健康にキレイに痩せるためには、良質な油(オメガ3脂質)を適量摂取し、食べたものの栄養素をきっちりと体に届け、消費させる(新陳代謝)が必要になるのです。炭水化物を制限・・などいうダイエットは10年後の自分を病気にするようなものです。

ジムなどで運動をする際にオメガ3脂質を摂取してから運動することで脂肪燃焼を早めるというデータもあります。人気健康番組でも亜麻仁油を摂取して運動をした人の脂肪燃焼効果を放映して注目が集まりました。番組ではジュースにして朝摂取していますがこれはこれから通勤や仕事などで動くということを前提にしたためです。

認知症の予防

物忘れなど、認知症にも効果があります。アルツハイマー、高血圧、糖尿病など生活習慣病といわれている病気は正しい食事を正しくとっていないことに原因があることが多いのです。適度な食事、運動をしている人がそうでない人に比べ認知症などを発症するリスクは倍といわれています。

記憶力を高める効果もあるとされ、子供の学力UPにも効果があります。是非青魚などを多く食べさせましょう。

アレルギー予防

オメガ3脂質を多く含む食品にエゴマ油があります(エゴマはもっとも多くオメガ3脂質を含みますが、油が劣化しやすい、熱に弱いなどからそのままティースプーン1杯くらいをサラダドレッシングなどとして摂取します)。このエゴマ油を1ヶ月摂取することで花粉症などのアレルギー症状が緩和したというデータもあります。

高血圧の人にもオススメ

血圧を下げる効果もうたわれています。内臓脂肪、コレステロールなどが下がることで血圧も正常になります。

オメガ3脂質を多く含む食品を摂取しましょう!

青魚

オメガ3脂質を多く含む青魚

秋刀魚、鰯、鯵、鯖といった青魚に多く含まれています。日本人は昔からこういった類の青魚を日常的に多く食べてきていたのです。この秋は食卓を昔ながらの和食にするだけでオメガ3脂質を多く摂取し、おいしい効果が期待できます。

くるみ

オメガ3脂質を多く含むナッツ

最近にダイエットでも口が寂しくなったらアーモンドや胡桃を食べましょうと、勧められることがあります。これはオメガ3脂質の働きを考えるととても理にかなった方法なんです。歯ごたえがあるし、脂分もあるので、口や目や香りでも満足することができるのです。

緑黄色野菜

オメガ3脂質を多く含む緑黄色野菜

今の季節、トマトやナス、かぼちゃといった野菜が旬をむかえお財布にも栄養価的にも高くなってきています。特に緑黄色野菜にはオメガ3脂質以外にも、食物繊維やベータカロチンといった体に必要な栄養素を多く含んでいるので是非食卓にあげたいものです。

PR