コーヒー断ちの効能とは?妊活にも役立つコーヒー断ちのメリットとその方法
186views

コーヒー断ちの効能とは?妊活にも役立つコーヒー断ちのメリットとその方法

コーヒー断ちの効能は朝すっきり起きられる、肌がきれいになるなどさまざま。常にコーヒーがなければ生活できないと感じる状態はすでに中毒症状があるため、コーヒーのメリットだけでなくデメリットにも目を向けて改善を試みましょう。ここではコーヒー断ちの効能やその方法を解説します。

コーヒーを飲まずにはいられない理由

コーヒーを飲まずにはいられない理由は?コーヒーが仕事のお供に欠かせない、休憩時間には必ずコーヒーを飲むなど、愛飲している方はとても多くいます。コーヒー専門店がこれだけたくさん立ち並びにぎわっていることからも、コーヒーなしでは過ごせない方が多いとわかるでしょう。
つい飲んでしまう理由は含まれている成分のひとつ、カフェインにあります。カフェインは一時的な眠気覚まし作用があり、疲れたときなどにどうしても目をさましたい時には助かる成分です。しかし、時間とともに体内のカフェイン量が減ってくるとまたカフェインをとりたくなります。そのため、いつもコーヒーを飲まずにはいられなくなってしまいます。

コーヒーを飲むメリット

コーヒーに含まれるカフェインには常用すると中毒性の心配がありますが、1日数杯程度のコーヒーを飲むと体にうれしい作用があるともいわれています。
例えば、ガン予防、糖尿病や脳卒中予防、脂肪燃焼、便秘予防、リラックスなどがあり、飲みすぎなければ健康のために役立つ飲み物です。

飲みすぎるデメリット

1日に飲む量がとても多くなると、メリットではなくデメリットの方が大きくなる可能性があります。デメリットは、胃を傷める、肌が荒れる、飲まずにはいられなくなる、しばらく飲まないと頭痛が起きるなど。また、長期的にたくさん飲み続けていると逆にガンのリスクが高くなってしまうともいわれています。

コーヒー断ちの効能

コーヒーを飲まなければ甘いものが欲しいと思わなくなりダイエット効果もコーヒー断ちの効能は実はいろいろあり、例えば肌荒れが改善されきれいになった、乾燥肌がしっとりするようになった、胃痛や吐き気が治まり朝食が食べられるようになった、イライラが減ったなどです。また、コーヒーを飲む時には甘いおやつがつい食べたくなっていた場合も、コーヒーを飲まなければ甘いものが欲しいと思わなくなりダイエット効果も。
さらに、妊娠を望む方や不妊治療中の方はコーヒー断ちをするとホルモン分泌にも影響を及ぼし、妊娠しやすい体質へと変わっていく期待がもてます。

コーヒー断ちの方法

カフェイン量を減らしていく

コーヒーを常に飲んでいた場合、すっかり飲まなくすることが逆にストレスになってしまうことも。その時はまずカフェイン量の少ない飲み物へ変えていきます。コーヒーよりもコーラやココア、紅茶の方がカフェイン量は少なく、常に飲みたいのであれば糖分をたくさん含むコーラよりもお茶類の方が良いでしょう。
コーヒーがやめられないのではと不安に感じるのは初めの方だけで、慣れてくると不思議と飲まなくてもいられるようになってくるものです。個人差はありますが、ひと月もすれば体が慣れてくるはず。

ノンカフェイン飲料を選ぶ

お茶の中でも麦茶など「ノンカフェイン」の飲み物をどうしてもコーヒーの風味が欲しい時は、ノンカフェインコーヒーを選んで飲むと、カフェイン断ちもできコーヒーの風味も楽しめます。妊娠中でも飲めるたんぽぽコーヒーがおすすめです。スーパーなどの店頭でノンカフェインコーヒーはなかなか見つからない場合がありますが、その場合はマタニティコーナーで探すか通販を利用すると簡単に手に入ります。
また、お茶の中でも麦茶や爽健美茶、十六茶など「ノンカフェイン」がうたわれている商品が多くなり探しやすくなっています。休憩中の飲み物選びには「ノンカフェイン」をポイントにして探してみては。

PR