身長が伸びる方法、成長期を過ぎても伸びる可能性アリ!
464views

身長が伸びる方法、成長期を過ぎても伸びる可能性アリ!

身長が伸びる方法には、食事法、睡眠法、骨に良いエクササイズや運動があります。成長期を過ぎた後でも、身長の伸びる可能性は十分あります。骨のメカニズムを知り、正しい方法で、身長が伸びるようチャレンジしてみましょう。

身長が伸びる方法・まだ諦めないで!

身長が伸びる方法・まだ諦めないで!
身長が伸びない場合でも、諦める必要はありません。成長期を過ぎた後でも、身長が伸びるチャンスは沢山あります。例えば、運動や食事法、骨格の矯正など「骨が成長するメカニズム」を知っておけば、今からでも身長を伸ばすことは可能です。ここでは、身長を伸ばす効果的な方法について、詳しく説明したいと思います。

身長が伸びなかったのは、なぜ?

身長が伸びなかったことには、さまざまな原因が考えられます。例えば、睡眠や栄養の不足は、骨の成長を阻害してしまいます。また、猫背やO脚など「骨格の歪み」も、身長に関係する大きな要素のひとつです。身長を伸ばすには、バランスの良い食事、十分な睡眠、栄養が偏らないようにしてください。

骨が成長するメカニズム・成長期と成長期以降

骨が成長するメカニズム
成長期までは、骨と骨をつなぐ部分の「骨端線」が増殖することで、身長が伸びていきます。しかし、成長期を過ぎると、骨端線が閉じてしまい、骨の成長がストップしてしまうのです。ただ、諦める必要はありません。人によって、骨端線が20代半ばまで残ることがあり、成長期を過ぎた後でも「身長が伸びる可能性」は十分あります。この時期を過ぎると、骨が伸びることは難しくなりますが、猫背や姿勢の矯正だけでも、最大8cm前後身長が伸びることがあります。

身長を伸ばすのに、良いとされる「食べ物」

成長ホルモンを促す食事を取り、背の伸びる環境を整えましょう。ビタミンやマグネシウム、亜鉛などは、成長ホルモンの活性化に欠かせない栄養素です。また、アミノ酸もホルモンを活性化し、骨の成長をサポートする成分です。普段から食事が偏らないよう、栄養のバランスを考えて食事を取るようにしましょう。

身長を伸ばすのに、良いとされる「エクササイズ」

成長ホルモンの活性化と同時に、骨の伸びるエクササイズを始めてみましょう。骨を縦方向に刺激すると、骨の発育に良い効果があります。例えば、ジャンプすることの多い、縄跳び、バレーボールやバスケットは「身長の伸びやすい運動」として知られています。一人で始める場合は、縄跳びで骨に刺激を与えてみましょう。骨端線を刺激することで、身長が伸びる可能性があります。

身長を伸ばすのに、良いとされる「生活習慣」

睡眠は、しっかり取るようにしましょう
睡眠は、しっかり取るようにしましょう。若い時期に睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が、上手く機能しなくなります。成長ホルモンが分泌されるのは、夜寝ている時間帯です。睡眠には「ゴールデンタイム」と呼ばれる枠があり、夜22時から翌朝の2時までが、成長ホルモンの分泌が最も活発な時間帯です。この時間帯には、意識して睡眠を取るようにしましょう。また、普段から早寝早起きの習慣を作るようにしてください。

何歳まで、背は伸ばせるのか?

身長は、成長期を超えた後でも、伸ばせる可能性があります。特に、骨端線の残っている25歳頃までは「骨の成長に良いこと」を試してみてください。また、成長期以降でも諦める必要はありません。猫背や背骨、骨盤、O脚の矯正で、身長が(最大)8cmくらいまで伸びることがあります。姿勢の悪い人は、接骨院で治療を受けたり、普段から「正しい姿勢」を心がけてみてください。

身長を伸ばす方法・まとめ

今回は、骨の伸びるメカニズムや、身長を伸ばす方法について説明しました。背の高さでお悩みの方は、諦める前に、ぜひこれらの方法を実践してみてください。

PR