知っておくと役に立ちます!!お腹が鳴るのを防ぐ小技とは?
111views

知っておくと役に立ちます!!お腹が鳴るのを防ぐ小技とは?

お腹が鳴るのを防ぐには、空腹感を感じるとお腹がどうしても鳴ってしまうため、何かを少しでも食べるとよいでしょう。缶コーヒーなどを飲むと血糖値が上がるので、一時的ですが空腹感を紛らわせます。またお腹が鳴りそうになった時には、お腹をグッとへこませて背筋を伸ばすとお腹が鳴るのを防ぐことができます。

お腹が鳴るのを防ぐ方法はたくさんある!

昼食前にいつもお腹が鳴ってしまう!

お腹が鳴って恥ずかしい!

デスクワークをしている時や、学生で授業を受けているときなどシーンとしている中で、お腹がなってしまうと恥ずかしい思いをすることがあります。毎日12時前になるとお腹が鳴って恥ずかしいと思うことはありませんか?お腹が空くのは、健康な印ですが、静かな場面だと、ちょっと気まずい思いをすることもあるでしょう。そこでお腹が鳴るのを防ぐ方法についてご紹介します。

空腹で鳴るのならば、お腹を満たせばよい!

お昼になる少し前に何かを食べてお腹が鳴るのを防ぐ

毎回、お昼前にお腹が空き過ぎてしまい、お腹が鳴ってしまうのであれば、お昼になる少し前に何かを食べてお腹が鳴るのを防ぐ方法があります。大学生の方であれば、お昼前の講義が始まる前に、小さめのおにぎりや菓子パンなど、軽くつまんでおくと、授業中にお腹が減るのを防ぐことができます。OLの方の場合だと、さすがに仕事中にデスクの上で堂々と物を食べるのは、気が引けるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、ゼリータイプのドリンク剤です。小さなクッキータイプの栄養補助食材でもいいですね。これならば周囲に気づかれず低カロリーでお腹をある程度満たすことができるので、お腹が鳴るのを防ぐことができます。

血糖値が低下するのを防ぐ

血糖値が低下すると、脳の中では胃の中を空っぽにして次の食事に備えよという指令を出します。すると、胃では胃の中の空気を圧縮させて腸へ胃の内容物を押し出す働きをします。このときにお腹が鳴るのです。そこでお腹が空いてのを感じたら、身体の中の血糖値をあげればよいのです。キャンディーを舐めたり、糖分の入った缶コーヒーを飲むと一時的ですが血糖値をあげることができ、脳が空腹感を感じるのを誤魔化すことができます。

ビスケットはお腹を膨らませてくれる

ビスケットは、小麦粉と水や牛乳を練り合わせて焼いたものです。食べるとお腹の中にある水分を吸収してくれ胃の中で膨張するため、少し食べるだけでも満腹感があります。空腹感を感じる前にビスケットを食べておくとよいでしょう。

ちょっとした小技を覚えておこう!

なんと姿勢を正してお腹に力を入れるだけで止まる!

お腹にグッと力を入れて背筋をピーンと伸ばしましょう。胃の中は空洞になっており、背筋を伸ばしてお腹にグッと力を入れると一時的にお腹が鳴るのを押さえてくれます。お腹がもうすぐなりそうだ!と思ったら、お腹にグッと力を入れて背筋をピーンと伸ばしましょう。

鳴りそうと思ったらすぐに息を止めよう

お腹が鳴る直前に、すぐに息を止めると一時的ですが、おなかの動きを止めることが出来るためおなかが鳴るのを防ぐことができます。

ツボで防ぐ

お腹が鳴るのを防ぐ方法として、手のツボを押す方法があります。親指のつけ根の下の膨らんだ部分は胃のツボで、この部分を指でマッサージするように刺激すると、お腹が鳴るのを防ぐことができます。

なんと胃の動きを止めてくれる食べ物がありました!

一時的ですが胃の動きを押さえる作用があります胃の動きを一時的に止めてくれる食べ物や飲み物があります。日本茶やコーヒー、チョコレートは一時的ですが、胃の動きを押さえる作用があります。お腹が鳴りそうな少し前に、摂取するとお腹が鳴るのを防ぐことができます。

PR