白湯の美容効果でダイエットも美肌もかなえよう
109views

白湯の美容効果でダイエットも美肌もかなえよう

白湯の美容効果には、驚くべきものがあると評判になっています。元々はアーユルヴェーダに基づく健康法だった白湯の美容法は、いまや世界中のセレブや女優、モデル達の間でも常識です。ここでは、白湯の美容効果について紹介していきましょう。

白湯の美容効果は体質改善にまでつながる!?

白湯の美容効果

白湯の美容効果が話題になっているのは、水道から出る水で実践できる美容法だからです。水道水を一度沸かした白湯を飲むだけであらゆる美容効果につながるなら、誰でも試してみたくなるでしょう。
実は、白湯には体質改善まで促す効果があるといいます。白湯を積極的に飲むことが水分補給となり、乾燥肌を改善したり、新陳代謝が低下した体を代謝しやすくしてくれるのです。

水分補給が大切なら普通の水でもいいのではないかと思うかもしれませんが、水道水にはカルキなどが含まれ体に負担がかかるため、沸騰してカルキを飛ばした白湯が役立つわけです。
成人の体の6割は水分だといわれ、イオンバランスが乱れることは美容や健康に悪影響を与えます。白湯で体質を改善できれば、無理なく美しさをキープできるでしょう。

美容効果が出る白湯の作り方。レンジやポットでは駄目?

沸騰させたお湯を飲むのが白湯の美容法なら、電子レンジや電気ポットでお湯を作るのもありでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダでは水を火にかけてお湯を沸かすことが重視されています。何故なら、火のエネルギーが人間にとって必要だと考えられてきたためです。私達も、白湯の美容効果を得るなら、薬缶をガスの火にかけてお湯を沸かすようにしましょう。

アーユルヴェーダでは、風のエネルギーを取り入れることも重要だとされています。そのためには、お湯が沸騰したら薬缶のふたを取り、10分ほど沸騰を続けましょう。そうしてできた白湯は、風のエネルギーによって胃腸の汚れを流してくれるといいます。

白湯を飲む一日の適量は?温度はどのくらいがいい?

白湯を飲む一日の適量は?

白湯の温度はどのくらいがいいのか、気になるところでしょう。理想的なのは、50℃から60℃です。体温より少し高いくらいがちょうどよく、家に温度計がない、計るのは面倒という方は白湯をすすって飲めるくらいが適温だと判断してください。

白湯を飲む量は一日にどのくらいにすればいいのかも、アーユルヴェーダでは示唆されています。適量は700mlから800mlで、意外に少ないと思う方もいるかもしれません。水を積極的に飲む美容法では、一日に2,000ml以上飲んだほうがいいという説もあります。
しかし、アーユルヴェーダでは、白湯を800ml以上飲むと体に必要なものまで流されてしまうと考えられているのです。飲み過ぎには注意して、一日にカップ3~4杯を何度かに分けて飲んでみてはいかがでしょうか。

胃腸を温めて老廃物が排出されるという考え方

順番が最後になりましたが、なぜ白湯を飲むと美容効果が出るのかについてお話します。アーユルヴェーダでは、胃腸の働きを良くすることが健康にも美容にもつながると考えられています。
胃腸を温めることで全身に熱が送られ、巡りが良くなって老廃物が排出されやすくなるというわけです。不要な老廃物が排出されれば代謝が上がるため、積極的にエネルギーが消費され、古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わりやすくなります。

エネルギー消費が効率よく行われればダイエットにつながり、細胞の再生がスムーズに進めば美肌や美髪へとつながるはずです。こうした流れから、白湯の美容効果が高いと伝えられてきたのです。原理にかなった白湯の美容効果は、経済的なのもいいですね。

PR