鳴って欲しくないのにお腹が鳴る!お腹が鳴る原因は一体何?
120views

鳴って欲しくないのにお腹が鳴る!お腹が鳴る原因は一体何?

シーンとしたミーティング中で、急にお腹がグルグルと鳴る経験はありませんか?お腹が鳴る原因は胃の中にたまった空気が圧縮される時の音でした。人は空腹感を感じると、脳が胃に指令を出して胃の空気を圧迫させていきます。これがお腹が鳴る原因です。飴やガムなどで空腹感を紛らわすとお腹が鳴るのを押さえられます。

お腹が鳴る原因は空気が圧縮する音だった!

お腹が鳴る原因とは?

お腹が鳴るのは空腹の合図

人はお腹が空くと、脳の中で、エネルギー源がなくなったことを知らせるために、胃に指令を出します。
するとその指令を受けた胃が胃の中に食べ物が入るスペースを作ろうとして胃の中をできるだけ空洞にしようとします。空洞にするためには、胃の中の空気をできるだけ圧迫させる必要があります。胃の中の空気を圧迫させ、胃の中に残った食べ物を腸へ送りだそうとするのです。

つまりお腹が鳴る原因は、胃の中の空気が圧縮される時の音だったのです。

一時的に脳をだましてお腹が鳴るのを押さえよう!

脳の空腹感をだましてお腹を鳴らさない

仕事中や授業中など、お腹が鳴ると恥ずかしい!困るということはありませんか?
お腹が空いてお腹が鳴りそう!というときに一時的に脳をだましてお腹が鳴るのを予防する方法があります。

脳が空腹感を感じると、お腹が鳴るという仕組みなので、脳が空腹感を感じないように一時的に身体の血糖値をあげてしまえばよいのです。そこで、一口サイズのチョコレートをかじったり、飴を口の中でゆっくりと舐めたり、ガムをかむなどして、空腹感を紛らわせてしまえばよいのです。
ポーチの中やデスクの中など、飴やガム、一口サイズのチョコレートなどをいれておけば、お腹が鳴るのを予防することができます。

朝食はパンよりもご飯!

お米は消化がゆっくりなのでお腹が鳴りにくい

お昼前にお腹が鳴るのを予防する方法があります。それは、朝食にごはんを食べるようにすることです。

また朝起きぬけは、胃がもたれるから食事は取らないという方も、お腹がなるのを予防するには、小さめのおにぎり1個でもよいので食べるようにしましょう。朝はいつもパンを食べると言う方も、ご飯に切り替えましょう。
パンは食べてからの消化がよいため、すぐに胃や腸の中で分解されてしまいます。ご飯の場合だと、消化がゆっくりなので、胃の中にとどまる時間が長いため、腹もちがよく少しでも空腹感を紛らわせることができるからです。

朝いつもぎりぎりに起きてしまい、朝食を準備する時間がない方や、起きぬけは食事が出来ないと言う方は、通勤や通学の途中で、コンビニのおにぎりを買いましょう。職場や学校についてから食べれば、お腹が鳴るのを防ぐことができます。
また遅めに食べることで、その分空腹感を感じる時間が後に伸びるので、昼食の時間が来る前にお腹が鳴るのを防ぐ効果もあるでしょう。

空腹以外にもお腹が鳴る原因がありました!

空気を飲みこみすぎるとお腹が鳴る!

お腹が空くことが原因でお腹が鳴る方が大半ですが、空腹以外の理由でお腹がなる場合もあります。

呑気症という症状があります。これは空気をたくさん飲みこむことが原因で、胃の中に空気が溜まり、お腹が鳴るのです。
単にお腹が鳴るだけならばよいのですが、胃がキリキリと痛くなったり、気分が悪くなってしまうこともあります。

空腹でなくお腹に空気を取り込みすぎてもお腹が鳴る

呑気症の原因は、ストレスや極度な緊張感、不安感など精神的なものです。女性に多い症状で、二十代から五十代と幅広い年齢の方がなりやすいのが特徴です。家事や育児、ストレス、職場での人間関係などでストレスが原因です。

炭酸好きな人は鳴ってほしくないときは控える

コーラーやサイダーなどの炭酸飲料は、刺激的な泡や喉ごしの良さから大好きだという方もいるのではないでしょうか。しかし炭酸ガスによって胃の中にガスが溜まる原因となってしまいます。
そこで、仕事がある日や学校がある日は、あまり飲まない方がよいでしょう。

PR