話題のダイエットフード チアシードの危険性って?
798views

話題のダイエットフード チアシードの危険性って?

食べるだけで痩せることができると言われているチアシード。芸能人やモデルさんのブログなどでも紹介されているので、ダイエットフードとして知っている方が多いのかもしれません。これからチアシードを試してみようと思われている方、チアシードを試す前に、チアシードの危険性について勉強しておきましょう。

チアシードって安全ではないの?

チアシードは安全か

ダイエットフードとして話題のチアシードですが、何に問題があるのでしょうか?
チアシードの危険性はあるのかどうかをみていきましょう。まずは、チアシードとはどんなものなのかについて勉強しましょう。

チアシードってどんなもの?

チアシードとは何か

チアシードは、栄養が豊富なダイエットフードです。チアシードの中には、たんぱく質や食物繊維、オメガ3脂肪酸などたくさんの栄養素がつまっています。チアシードには便秘解消効果があり、水を含むと膨らむので少しの量で満腹感を得ることができます。

そして、肌をきれいにする効果もあるため、女性にとってメリットがたくさんある食べ物です。そのほかチアシードには、免疫力をアップさせたり、骨粗しょう症の予防にも役立つなどたくさんの魅力があります。

保管に関するチアシードの危険性

チアシードは毒性があるのでは?と思われている方、パソコンなどでチアシードというワードを検索すると、毒やカビといったフレーズが出てくるからではないでしょうか?
以前、チアシードから毒カビが発見されたというニュースが話題となりました。これは、チアシードの保管が問題となって起こったニュースです。

チアシードを保管する場所が悪かったため、カビが生えてしまい、その毒カビが発がん性を持っているため、チアシードが危険というウワサが広まってしまったようです。保管場所がしっかりとしていれば、チアシードにカビが生えるようなことはないため、チアシードを購入したら冷蔵庫に入れて保管をするようにしましょう。

食べ方に関するチアシードの危険性

チアシードを食べるときには、しっかりと水分を含ませて、チアシードのまわりがゼリー状になっていることを確認してから食べることが大切です。
しっかりと水などでふやかすことによって、消化が良くなります。そして、食物繊維が豊富に含まれているため、人によっては下痢の症状を引き起こすことがあります。

また、水分を含ませずに食べてしまうと、今度は便秘になってしまいます。水分を含んでいないチアシードは、体内の水分を吸収してしまい便秘が起こってしまうようです。また、1日3度の食事をチアシードに置き換えてしまうような極端な食べ方をすると、便の排出が起こらないことも。

アレルギー体質の方は、チアシードが体に向いていないこともあります。チアシードでかゆみがおこったり、咳が出たりとアレルギー反応を起こす方もいらっしゃるようです。アレルギー体質の方は、チアシードを食べるときは特に気を付けるようにしましょう。

また、薬との飲み合わせについても注意しなければいけません。薬を服用中の方は、医師に相談をして飲み合わせに問題がないかどうかを確認しましょう。

チアシードをおいしく食べよう!

チアシードの食べ方

最後に、チアシードをおいしく食べる方法についてご紹介しましょう。チアシードの1日摂取量の目安は大さじ1杯!この量を守って毎日おいしく食べましょう。

【チアシード大さじ1杯をおいしく食べる方法】

1、ヨーグルトと混ぜて
好きなヨーグルトに混ぜて食べましょう。ヨーグルトと食べることでさらに美肌効果アップ!

2、サラダのドレッシングとして
ポン酢や梅などの和風ドレッシングや、チーズやごまなどクリーミーなドレッシングなど、どんなドレッシングにもぴったり!ドレッシングとチアシードをしっかりと混ぜておいしくいただきましょう。

3、ジュースと混ぜて
オレンジやトマトなどフレッシュフルーツジュースに混ぜたり、炭酸ドリンクに混ぜてもOK!フレーバーを変えることで飽きずに続けられますよ。

PR