スーパーフードと呼ばれるビーポーレンの効果と副作用とは?
933views

スーパーフードと呼ばれるビーポーレンの効果と副作用とは?

海外セレブの間で人気となっているスーパーフード、ビーポーレンの副作用を紹介します。ビーポーレンは魅力的な健康効果や美容効果で注目されていますが、副作用があるため注意が必要です。具体的にどんな副作用が見られるのでしょうか?

今注目のスーパーフード!

ビーポーレンとは?

日本ではまだまだビーポーレンがポピュラーではありませんが、海外セレブの間ではすでに人気となっています。ビーポーレンとはどんなものか簡単に説明すると、ミツバチが運ぶ花粉です。ミツバチは、花から花粉を集めて巣まで運びます。この時に、花粉を酵素で固めて運びます。この花粉を酵素で固めたものをビーポーレンと呼びます。

ビーポーレンとは?

ハチやハチミツに健康効果や美容効果があることは知られていますが、ビーポーレンも様々な効果が期待できます。その効果からスーパーフード、パーフェクトフードなどと呼ばれることもあります。

ビーポーレンに含まれる栄養素

花粉と聞くとあまり良いイメージを持たない人が多いかも知れません。しかし、ビーポーレンには栄養素がとても豊富です。20%から30%のたんぱく質、カルシウム・鉄・亜鉛など27種類のミネラル、葉酸、ビタミン、22種類のアミノ酸、酵素や補酵素は約5000種類も含まれています。

これほどまでにたくさんの栄養素を含んでいるのはビーポーレンだけと言われています。ビーポーレンにはどのような効果があるのか気になりますね!

ビーポーレンの効果と副作用

ビーポーレンの効果

ビーポーレンの美容効果として注目したいのが、美肌効果です。ビーポーレンに含まれる栄養素は乾燥肌や肌荒れの改善に効果的です。また、ビーポーレンはミネラルやビタミンを多く含んでいることからアンチエイジングにも効果があります。女性にとって魅力的な効果ですよね。

ビーポーレンの美容効果

ビーポーレンは髪の毛や爪を美しく保つ効果もあります。このような効果は、ビタミン・ミネラル・アミノ酸によるものです。

ビーポーレンはダイエット効果があることでも注目されています。ビーポーレンには便秘改善や代謝を上げる効果が期待できます。そのうえ低カロリーですので、ダイエットをしたい人にもってこいの食品です。

ビーポーレンの注目すべき効果は、美容効果だけではありません。免疫力の向上や疲労回復など健康効果も期待できます。そのうえ、花粉症などのアレルギー症状を抑える効果も期待できます。美容はもちろんですが、健康のために取り入れている人も多いようです。

ビーポーレンの副作用

このように魅力的な効果が得られますが、注意したいのがビーポーレンの副作用です。安全に取り入れるためには、ビーポーレンの副作用を知っておく必要があります。

ビーポーレンの副作用

ビーポーレンの副作用として最も不安視されているのが、アナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックは蕁麻疹や嘔吐、寒気などの症状が表れます。酷い場合には呼吸困難や意識障害によって死に至ることもあります。

アナフィラキシーショックを起こす危険性が高いと言われているのが、これまでハチに刺されたことがある人やハチミツアレルギーを持っている人などです。このような人はビーポーレンの摂取は避けるべきです。

他にも、ビーポーレンの副作用として下痢・胃痛・胃酸過多などが挙げられます。そのため、ビーポーレンを初めて摂取する際には少量ずつ摂取することを心がけましょう。また、ビーポーレンは妊娠中や授乳中の女性、小さな子どもは避けるべきです。スーパーフードと呼ばれるビーポーレンですが、摂取の際には十分注意したいですね。

PR