あの芸能人も実践!大根ダイエット【簡単すぎる】実践方法と絶大な効果とは?
1,055views

あの芸能人も実践!大根ダイエット【簡単すぎる】実践方法と絶大な効果とは?

少し前に元AKBのあっちゃんこと前田敦子さんやたんぽぽ白鳥久美子さんが実践して痩せたということで話題になった大根ダイエット。その手軽さと大根を食事に取り入れるだけというシンプルな方法で効果が出るとあっていまでも続けているという人も多いです。そんな大根ダイエットの方法と効果が出る理由を調べてみました。

【大根ダイエット】…その簡単すぎる手順

大根ダイエット

大根ダイエット、その方法はとてもシンプルかつ簡単で、生の大根を最低1日1回食前または食事中に食べるだけというものです。その量の目安はというと生の大根300gです。大根300gはだいたい、輪切り状態で約6センチというところです。このとき、大切なのは「加熱しない」こと。このダイエットで重要な役割をもつビタミンや「酵素」は、加熱する事で壊れてしまいます。この点からも生で食べる事でプラスの効果が得られます。さらに大根おろしにする事でダイエットの効果が上がるといわれていて、おろす事によりこのダイエットで重要な成分が多く含まれるそう。これなら、断然「おろし!」といきたいところですが、急に大根ばかり食べると胃を痛めてしまう可能性がありますから胃が弱い人はムリせず千切り大根サラダや野菜スティックなどで摂りましょう。

なぜ大根がいいのでしょう?

この大根ダイエット、なぜダイエットにいいのかというと、大根が持つ抗酸化成分【イソチオシアネート】が活性酸素を除去し、代謝を高めて脂肪がつきにくい体質を作るのだそう。また、この舌をかみそうな名前の成分はそのままで大根に含まれているのではなくて、大根をおろしたり切ったりした際、大根の細胞が壊れてできる物質なので大根おろしの方がよりおススメなのです。大根おろしの場合注意したいのは、【汁ごと】食べるという事。それは、大切な成分が流れ出てしまうのを防ぐためです。

大根ダイエットはなぜ良いのか

大根には炭水化物の代謝を促進させる【アミラーゼ】という消化酵素も多く含まれていてこのアミラーゼは便秘も改善してくれます。食物繊維も豊富なのでその点も便通の改善に有効ですね。美白のビタミン、ビタミンCも豊富で生で摂る事により、丸ごと摂取できるのです。

大根の選び方にもコツがあるようです。

ダイエットにはどちらかというと、葉に近いほうより根に近いほうを使います。そのほうが、大根の有効成分が多いとされているからです。大根を1本買って使うよりもその日食べる分をこまめに購入して使う方がおススメです。というのも、時間が経つと大根の切り口が酸化して有効成分が減少してしまう可能性があるからで、新鮮なものを購入して新鮮なうちに食べきりましょう。

大根ダイエットを実践するときのポイント

大根ダイエットは生姜など体を温めるものと一緒に

このダイエット、非常に効果が高いといえそうですがその反面、大根は中医漢方の世界では冷え性の人が生でたくさん食べると、お腹を冷やすといわれています。冷えは万病の元なので要注意です。なので、お腹を温めるものと一緒に摂ることを心がけるといいですよ。体を温めるものといって思い浮かぶのは、唐辛子、ショウガ、ニラなどが思い浮かびますね。さらにいうと、玉ねぎ、カボチャ、カツオ、小松菜など。このような食材と同時に摂ると効果的です。

 もう少し早く減量したい場合は?

大根を食べるのは基本的に1日1回なのですが、素早く体重を落としたい人は、量を増やすのではなく、例えば5~6kg落としたいなら1日2回、7kg以上落としたいならば3回という風に食べる回数を増やしてくださいね。3食規則正しく食べて食間は4時間以上空けましょう。そして、このダイエットは大根「だけ」食べるダイエットではなく大根を「プラスする」ダイエットだという事を理解しておいてくださいね。

PR