これさえ知っておけば大丈夫!出産の兆候3つ!!
433views

これさえ知っておけば大丈夫!出産の兆候3つ!!

臨月になると、お腹もだいぶ大きくなり、赤ちゃんとの対面が楽しみな時期になります。反面、出産への不安もいっぱいになるのもこの時期。そんな不安を解消するために、今回は、出産が近づくと体から発せられる出産の兆候を3つ紹介します。これさえ知っておけば、出産も恐くありませんよ。

この3つのサインが見られたら病院へ!!

出産の兆候

臨月になると、いつ出産になるか毎日ドキドキしますよね。出産の兆候は人それぞれですが、大きく分けて3つあります。

おしるし

出産日が近づいてくると、子宮口が開き始めます。そうすると、その時に子宮の壁にくっついている赤ちゃんを包んでいる卵膜が少しずつ剥がれ、少量の出血を起こします。
その出血したものと子宮入口の粘液が混ざり、おしるしの症状が出ます。多くの人は、トイレに行った時に気づくようです。
おしるしの量や色には個人差があり、色は、鮮血やピンク色、あるいは茶色っぽい方が多いようです。

おしるしが出ると、子宮口が開いていよいよ出産間近です。数日以内に、陣痛が始まり、出産と流れるでしょう。おしるしは、即分娩に至るという訳ではないですが、この症状が出てきたら病院へ連絡し、医師の指示を受けましょう。

前期破水

出産が近づくと、赤ちゃんが包む卵膜が破れ、羊水が流れ出ます。これが『破水』です。
通常、破水は、お産が進み、陣痛がピークとなり、子宮口が全開の時に起こりますが、陣痛の前に破水が起こることがあります。これが『前期破水』です。前期破水は、細菌感染をして卵膜が弱まった場合や、多胎妊娠や羊水過多よって子宮内圧が上がることなどが原因と言われています。

前期破水は、音がして破水に気づくこともありますし、少量ずつ漏れて、破水なのか尿漏れなのか気づかない方もいます。子宮の上の方で卵膜の一部が破れた時は、量が少なく、流れ続ける訳ではないので、判断しにくいこともあります。

しかし、前期破水した場合は、すぐに産院へ連絡を入れる必要があります。破水量が多い時は、生理用ナプキンを当てて、産院へ行きましょう。

前期破水が起こった時は、赤ちゃんへの細菌感染が心配されるので、すぐに病院へ連絡することが大切です。破水した後の入浴は厳禁ですよ。

陣痛

出産の陣痛

本格的な陣痛が始まる前に不規則なお腹の張りを頻繁に感じることがあります。これが『前駆陣痛』です。痛みはそれほど強くなく、感覚もまばらで、気が付くと遠のいていき、治まることもあります。これは、いわゆる陣痛の予行演習のようなものです。

しかし、お腹の張りを10分間隔で感じるようになったら、本格的な陣痛の始まりです。この時点で産院に連絡を取るようにしましょう。経産婦さんの場合は、早くお産が進む可能性があるので、ちょっと早めに連絡しましょうね。

臨月になったらしておきたいこと

以上、出産の主な3つの兆候、分かりましたか。いざこのような兆候が現れると、パニック状態になり身支度すら大変になる妊婦さんも少なくありません。従って、いつお産が来ても良いように、臨月に入ったら、出産への準備をしっかりしておきましょう。

まずは、お産の進み方を予習し、呼吸法や陣痛を乗り切るポーズなどを練習しておくと良いですよ。また、入院準備のチェックもしっかりしておきましょう。

臨月になったらしておきたいこと

入院中にパパにお願いしておくこともしっかりと打ち合わせしておくと安心です。例えば、ごみ出しのスケジュールや家電の使い方などを教えておくと良いですね。

臨月に異変が見られたらすぐに受診を!!

臨月は色々と準備し、出産の兆候を待つばかりの時期ですが、月経より量の多い出血があったり、お腹に強い痛みがある場合は、すぐに産院を受診しましょう。もしかしたら、お腹の赤ちゃんが酸素不足になるなどして危険な状態になり、早急に医師の助けが必要なこともあります。

PR