産後もラクラク!体型戻しも無理なくできます!授乳で痩せるポイントとは?
448views

産後もラクラク!体型戻しも無理なくできます!授乳で痩せるポイントとは?

妊娠中で体重が増加し、出産後もお腹周りについた余分な肉が気になります。でも母乳育児なら、授乳で痩せることができるのです!母乳はママの血液から出来ているので、母乳をあげるとママの身体からたくさんの栄養素が失われます。野菜や果物をたくさん食べて、炭水化物の量を押さえれば授乳で痩せることができます。

授乳で痩せるにはポイントがあります!

母乳のカロリーは一体いくらなの?

産後は授乳で痩せる

授乳で痩せることができるだなんて、まるで夢のようだと思いませんか?初めて赤ちゃんを産んだ方で、母乳育児をしていると、なんだかものすごくお腹が空くという経験はありませんか?出産入院中、病院の食事だけではなんとなく物足りなかったという方という方もいたかもしれません。それもそのはず、なんと母乳を赤ちゃんにあげると、450キロカロリーも栄養分がママから取られてしまうからなのです!!一般の女性で普段1800キロカロリーの食事をしている女性の場合だと、およそ四分の一の栄養分が赤ちゃんに取られてしまうので、ものすごく空腹感を感じるのです!

ところで、授乳中に必要な摂取カロリーはいくらなの?

産後の授乳中に必要な摂取カロリー

その答えは、一日約2250キロカロリーは必要です。いつもならお茶碗にごはんを一膳分食べているひとであれば、ごはんの量をお茶碗に半分増やしたり、食パンなら二分の一枚増やすぐらいです。また鉄分、ビタミンやカルシウムなどの栄養分も母乳で奪われてしまうので、果物や野菜、カルシウムの量にも気を使う必要があります。

スナック菓子やケーキなどは控えること!

産後の授乳中に日和えたい食事

授乳で痩せることが出来るなら、ごはんの量を減らして、その分自分の好きなポテトチップスやケーキを食べても大丈夫よね……と思っていたら、いけません。実は脂分の多いスナック菓子やケーキを食べ過ぎると、母乳の質が悪くなってしまうのです。いくら授乳期間中に必要なカロリー量を守っていたとしても、油分や糖分を取り過ぎると、母乳に大きな影響が出てしまうのです。赤ちゃんにとってよい母乳は、栄養成分の整ったサラサラとした母乳なのですが、スナック菓子やケーキを食べ過ぎると、母乳に油分や糖分が混じり、ドロドロとした母乳になってしまうのです。確かに高カロリーの食品を摂取すると母乳の量が増えるのですが、赤ちゃんの理想の母乳には程遠いものになってしまいます。授乳期間中は、なるべくジャンクフードや甘いデザートは取らないようにしましょう。どうしても食べたいときは、和菓子にするか、一週間に一度小さなサイズのケーキをいただく程度にしておきましょう。

いくら授乳で痩せるからと言ってやり過ぎは禁物です!

1500キロ以下にすると母乳が出ない!

産後のダイエットは、何もしなくても半年ぐらいかけて体型が次第に元に戻っていきます。新生児の育児はかなりハードなものなので、かなり体力を消費していきます。ここでストレスで食べてしまうと産後太りの原因になって気をつけましょう。ただ早く痩せたいと思って焦り、極端なカロリー制限をしてしまうと、母乳育児は失敗に終わってしまいます。赤ちゃんに母乳をあげるには、栄養となるものが必要です。ママ自身の身体の栄養が足りない状態になってしまうと、身体の方で母乳の生産をやめてしまうからなのです。母乳を出すためには、少なくとも、一日1500キロカロリー以上は摂取しなければなりません。それ以下になってしまうと母乳の分泌を身体の方でやめてしまうからなのです。

授乳で痩せる食事のポイント

産後の授乳で痩せる食事のポイント

授乳で痩せる食事のポイントは、洋食よりはあっさりとした和食をよく噛んで時間をかけて食べることがポイントです。肉よりは魚、油を使った炒め物よりは、煮物などにして、いろいろな野菜をたくさん食べることがポイントです。ごはんなどの炭水化物は少なくとも最小限の量はしっかり食べることも大切です。

PR