あんなに一生懸命予防していたのに・・・まさかの事態に備えて、産後の妊娠線をケアする方法
97views

あんなに一生懸命予防していたのに・・・まさかの事態に備えて、産後の妊娠線をケアする方法

妊娠中によく見られる妊娠線は1度できると消えないと言われています。でも、実は産後の妊娠線はケア次第で消えないまでも目立たない状態にまですることができるかもしれません。妊娠中もしくはこれから妊娠を希望している人必見です。

「妊娠線」って一体なに??どうしてできるの?

妊娠中にお腹や太ももにできてしまう「赤い線」のこと

妊娠線はなぜできるの?
お腹が大きくなり始める6ヶ月頃から妊婦さんによく見られる症状のひとつです。急激にお腹が大きくなっていく頃に赤紫色の線が見えるようになります。これがよく言う「妊娠線」です。
「妊娠線」はいわゆる「肉割れ」のこと。妊娠中に限らず、成長期に急激に体が変化していったときや急激な体重増減など体の変化に皮膚の伸びがついていかない場面でしばしば起こることがあります。もちろん、男性にも起こりうるものなのです。
妊娠線1本1本は2~3ミリ程度で、長さは5センチ程度のものが一般的。2~3本だけの人もいれば、お腹や胸など脂肪がつきやすい場所全体にできてしまったという人もいます。予防ケアをしているかどうかももちろんですが、皮膚の性質などもあり個人差が大きいようです。
妊娠線ができている箇所は少し凹んでいるので、触ると凸凹しているような感触になります。

 

皮膚組織の一部で亀裂が入ってしまう

皮膚は三層構造になっています。一般的に皮膚と言われて私たちがイメージするのが表皮と言われる部分です。その下に真皮・皮下組織と存在しています。私たちの目に触れている部分である表皮は比較的よく伸びるのですが、その下にある真皮や皮下組織はそれほど伸びません。お腹が急激に大きくなることで皮膚組織がどんどん引き伸ばされていくうちに、それについていけなくなった真皮や皮下組織に亀裂が生じてしまうのです。
妊娠も後半に入って、どんどんお腹の赤ちゃんが大きくなる頃に見られることが多いですが、妊婦さんの体重増加が多く見られる4ヶ月頃も油断できません。

妊娠線ができやすいタイプの人っているの?

元々小柄な人

妊娠線が出来やすい人のタイプ

小柄な妊婦さんの場合、そうではない人と比べると単純に皮膚面積が少ないですよね。赤ちゃんの大きさはどちらもそれほど変わらないのに、元々ある皮膚の面積が小さいわけですから、それだけ皮膚組織に負担がかかってしまいます。その結果、妊娠線ができやすくなってしまうのです。
私は決して小柄な方ではないので、特に何のケアもせずズボラな妊婦生活を送っていた私が妊娠線に悩まされなかったのはそういうことだったのですね(笑)

多胎妊娠をしている人

双子などの多胎妊娠の人の場合、単胎妊娠と比べるとやはりお腹は大きくなるのでそれだけ皮膚は引っ張られることになります。そのため、妊娠線ができやすい状況になってしまいます。
より皮膚組織に負担がかかる状況ができてしまう場合は、そうでない場合に比べるとやはり妊娠線ができやすくなってしまうようです。

妊娠線は消えるの??

1度できてしまった妊娠線はなかなか消えない!

妊娠線は一度できたらなかなか消えない

残念ながら、妊娠線ができてしまうと完全に消えてしまうことはあまりないようです。そして出産後~産後1年目くらいには妊娠中は赤紫色だった妊娠線が白っぽくなっていき、最終的には周囲の皮膚と同じような色になりますが、妊娠線ができている部分はそうでない箇所と比べると若干テカテカとしているため遠くから見ても目についてしまいます。そうならないためにも妊娠線は予防が重要なのです。
様々な方法で妊娠線予防対策をとっておけば、万が一妊娠線ができてしまっても最小限に留めることができる可能性が高いです。しかし、100%予防できるとも限りません。中には、どんなに予防していても妊娠線ができてしまうことだってあるのです。

出来てしまった妊娠線はもう諦めるしかないの!?

どんなに妊娠線対策をしていても、100%予防することはできません。そして、1度できてしまった妊娠線は完全に消えてしまうことはありませんが、産後のケアで目立たなくなることもあるようです。

保湿は予防にも改善にも効果的!

妊娠線の予防には保湿

妊娠線を予防するためにクリームなどを使ってお腹をはじめとする妊娠線ができやすい場所の保湿をしていたと思いますが、実は産後の妊娠線の改善にも効果があります。
妊娠中に使っていた妊娠線予防クリームなどは保湿効果抜群ですね。ただ、一般的なクリームと比べると割高なので費用面で続けられないということでベビーオイルなどを塗ってケアしていた、という人もいます。
実は、オイルとクリームの合わせ技でより保湿効果を高める、という方法もあります。先にオイルを塗っておいて、それからクリームを塗る、というものです。特にお風呂上がりがオススメということなのでぜひ試してみてくださいね。

代謝アップで皮膚を入れ替える

肌(特に顔)のケアの際によく耳にするターンオーバーですが、肌全般に言えることなので、もちろん妊娠線が出来ている場所にだって言えます。皮膚の生まれ変わりを活用して、皮膚の傷でもある妊娠線を改善することができるのです。
新陳代謝は古い細胞が新しい細胞に入れ替わることです。ターンオーバーも同じです。ターンオーバーの周期を乱さないために生活習慣を改めることで、その効果を高めることができます。
まずは食生活の改善から。温かい食べ物や飲み物などを摂るようにすることで、血行が良くなって代謝アップが期待できます。
適度な運動も代謝アップには効果的です。ジョギングやヨガなどが難しければ、いつもは乗り物で移動していたところを歩くようにする、といったものでもOK。
予防していたのに、妊娠線ができてしまったとショックを受けている人も、もしかしたら産後の妊娠線のケア次第では目立たなくすることができるかもしれません。産後は生まれてきた赤ちゃんのお世話で毎日大変かもしれませんが、何とか頑張って妊娠線のケアをしてみてはどうでしょうか?
ただし、できてしまった妊娠線の凹凸が激しかったり、赤みが取れていない場合などはこの方法では改善されないことも・・・。そんなときは専門家の力を借りてケアすることも考える必要がありそうです。

PR