病院の退院後、赤ちゃんのへその緒の消毒は、どうすればいいの!?へその緒に異変を感じたら病院へ!?
260views

病院の退院後、赤ちゃんのへその緒の消毒は、どうすればいいの!?へその緒に異変を感じたら病院へ!?

病院の退院後、赤ちゃんのへその緒の消毒は、どうすればいいか意外と分からないですよね。まだへその緒が取れていない赤ちゃんのケアについて学びましょう。へその緒は、デリケートな箇所!異臭がしたり膿が出るなど異変を感じたら、放置しておくのは、大変危険って知ってました!?すぐに病院受診をした方がいいのです!

赤ちゃんのへその緒の消毒方法は!?

赤ちゃんのへその緒の消毒方法

病院を退院した直後、へその緒が取れていない赤ちゃんのへその緒の消毒方法をご存知ですか?

そもそも赤ちゃんとお母さんを繋いできたへその緒は、赤ちゃんが生まれてきた後、赤ちゃんのおへその近くで切られます。切られた後は、通常、徐々に乾いていくので通常生後3週間までには自然に取れます。病院を退院するまでに自然と取れるケースもありますが、取れない場合は、お母さんがきちんとしたケアをしてあげることが必要なんです。

では、早速正しいケア方法を解説していきます。

へその緒の正しい消毒方法は!?

へその緒のケア方法は、以前までは病院でケアセットをもらえたり、アルコールで消毒するよう勧められましたが、最近は、清潔にして流水で流すだけで良いとされています。これは、アルコールで消毒するなどデリケートにしすぎないでも、赤ちゃんの自然治癒力で十分ということなんですね。

へその緒の消毒注意点

ただここで注意が1つ!お父さんやお母さんが赤ちゃんのへその緒を触る時、汚い手で触るとそこから細菌が入ったりしてしまう危険性もあるので、その際は、手をしっかり洗ってからアルコールで消毒してから触るようにして下さい。おむつを変える際には、特に注意が必要なようです。

へその緒の消毒より大切なことは、乾かすこと!?

へその緒は、乾燥することが大切!

赤ちゃんのおへそを細菌から守るためには、乾かしておくことが一番大切となります。そもそも菌というものは、水っぽくてジメジメした場所を好みます。風呂場など菌が特に繁殖しやすいのは、ジメジメして湿気が多いからなのは有名ですよね。
また、近年の研究結果でアルコールで消毒するより、乾燥させてあげた方がへその緒が早く取れるということが分かりました。つまり、へその緒のケアは、アルコールで消毒するより乾燥させてあげることがベストなんですね。

へその緒は消毒より乾燥させる

赤ちゃんのへその緒にトラブルが!?

赤ちゃんのへその緒から異臭?腫れている!?

赤ちゃんのへその緒から異臭がしたり、腫れているなど異変を感じた時は、どのように対応すればいいのでしょうか。

まず膿んでいて異臭がする場合、このようなケースでは、細菌に感染してしまっていることがあります。黄色い膿が出るなどしたら、すぐに病院受診をするようにしましょう。次に赤く腫れてしまっている場合ですが、この場合も菌に感染していることがあります。迷わず病院受診をしましょう。

そして出血してしまう場合、意外とこれが一番焦ってしまうものですが、赤ちゃんのへその緒から出血することは珍しいことではありません。そもそも赤ちゃんとお母さんを繋いでいた管ですからね。一番出血しやすいのはへその緒が取れた直後なので、焦らずに出血を押さえるようにしましょう。
赤ちゃんのへその緒のケアなどについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか!?

赤ちゃんのへその緒のケアで基本となるのは、アルコールで消毒するより乾燥することだったんですね。最後に、へその緒が3週間以上取れない場合ですが、そういった場合も病院受診をするようにして下さいね。

PR