【myバースプラン】 気になる無痛分娩のデメリットや危険性、どんな人に向いているの?
248views

【myバースプラン】 気になる無痛分娩のデメリットや危険性、どんな人に向いているの?

バースプラン、もう決めましたか?特に分娩スタイルはおなかの赤ちゃんと初めて対面する瞬間なので、こだわりたいですよね。最近では欧米の影響で無痛分娩を選ぶ妊婦さんが増えています。無痛分娩、どんな人に向いているのでしょうか?無痛分娩のデメリットやリスクなども気になりますよね。

ママと赤ちゃんのためのバースプランを考えよう

ママと赤ちゃんのためのバースプラン

これからお産を迎える妊婦さんは、バースプランをもう決めていますか?その赤ちゃんを産むのは、一生に一度だけ。出産日は、生まれてくる赤ちゃんとママのための大切な大切な記念日です。もう二度とない瞬間を自分の希望通りに迎えるため、バースプランを立てることはとても重要なことですよね。

バースプランを立てる時、産後のことはもちろんですが、どんなお産スタイルにしたいかも重要です。希望するお産スタイルは千差万別ですが、最近では欧米の影響もあって無痛分娩にしたいという妊婦さんも増えています。無痛分娩は産後の回復が早く妊婦さんの負担を大幅に軽減させる効果があり、特に二人目、三人目の経産婦さんに人気のスタイルです。では、無痛分娩とはどんなお産なんでしょうか?以下では、無痛分娩の特徴やメリット、デメリットなどについてご紹介していきます。

無痛分娩のノウハウ

無痛分娩とは点滴やチューブで麻酔を入れること

バースプランのノウハウ

無痛分娩とは、身体に麻酔を入れて陣痛を感じなくさせる行為のことです。陣痛は人によって強さも持続時間もさまざまで、陣痛が長すぎて体力が尽きてしまう妊婦さんもいるため、産後の回復を考慮して無痛分娩を用いることもあります。
無痛分娩の方法は、点滴やチューブを使います。点滴では静脈から麻酔薬を入れていきゆっくり時間をかけて痛みを緩和します。チューブについては、事前の処置に少々手間がかかりますが、麻酔よりも効果があり、かつ分娩が終わるまで意識がはっきり残るので欧米では一般的な方法となっています。

無痛分娩のメリットは?

無痛分娩のメリットはたくさんあります。まずは、陣痛に耐えなくていいので、リラックスしてお産ができるという点です。陣痛の感じ方は個人差がありますが、電車に轢かれるような痛みとか、鼻からスイカを出す様な痛みとか、およそ経験しないと分からないような想像を絶する痛みがありますよね?これに耐えなくてもいいとなったら、こんなに嬉しいことはありません。

また、産後の回復にかかる時間も全然違います。どんなに体力のある女性でも、通常三週間は自宅安静を強いられます。それでも完全に回復する人は少ないくらいで、長いと一年くらい回復しないままという人もいるほど、出産とは身体を限界まで酷使した行為です。すでにお子さんのいる方や早期職場復帰を希望している方にとってはいつまでもベッドで寝ているわけにはいきませんので、そういった理由でも無痛分娩は役に立ちます。

無痛分娩のデメリットは?

無痛分娩のデメリット

無痛分娩のデメリットと言えば、まずはお金がかかることです。通常の出産費用にプラス5万円から20万円かかると思っていて良いでしょう。
麻酔科医が行うので、クリニックのような個人院では扱っていないこともデメリットです。日本ではそもそも普及率が低いので、大病院であってもやっていないことがよくあります。

また、いきみや子宮の収縮が弱まることもあり、鉗子や吸引によって赤ちゃんを取り上げることも珍しくありません。いきむタイミングは医師や助産師さんが教えてくれますが、それでも時間がかかってしまうケースが多い点もデメリットです。

無痛分娩のリスクについてですが、実はそれほど目立ったものはありません。麻酔は赤ちゃんにも多少かかるので、赤ちゃんが眠そうにして産まれてくることがありますが、それも一時ですぐに元気に泣いてくれます。麻酔をかけているので、ママの足が動かなくなることがありますが、それも一瞬と言われています。ただし、骨や神経に異常のある人は無痛分娩には向いていませんので、そういった持病のある方は必ず医師に申し出るようにしましょう。

PR