今、注目されている「水中出産」!水中出産のリスクとメリットを知ろう!!
101views

今、注目されている「水中出産」!水中出産のリスクとメリットを知ろう!!

最近、自然分娩以外に様々な方法で出産を行える病院が増えていますが、その中でも注目を集めているのが「水中出産」です。水中出産は、メリットも多くありますが、実はリスクもあります。興味のある方は、水中出産のリスクとメリットをしっかり理解しておきましょう。

水中出産はどんな方法??

水中出産の方法

水中出産とは、体温と同じくらいの温度の温水をプールにはり、羊水と同じほどの塩分濃度になるよう自然塩を溶かして、その中で出産する方法のことを言います。産む場所が水中ということだけで、他には自然分娩との違いはありません。

芸能人の経験者も!!

モデルの道端カレンさんや長谷川潤さんが水中出産経験者ということで、最近注目を集めているようです。主に、フランスやイギリスなど欧州で普及している出産方法なんですよ。

水中出産のメリットは??

水中出産のメリットは、何と言っても「りラックスできること」です。体温と同じくらいの温かさの温水が心身共にリラックスさせてくれます。また、リラックスすると、無理にいきんでしまうなどのトラブルも軽減されるので、母体への負担も少なくなります。

他には、筋肉が緩んで産道が柔らかくなり、陣痛が軽減されます。また、温水の浮力を使いゆったりと動けるので、痛みも逃せるようになります。

また、羊水の中で育った赤ちゃんは、そのまま水中に出てくることに抵抗がないので、赤ちゃんの負担も軽減されます。

水中出産には、多くのメリットがあるようですね。多くの方が魅かれるのも分かります。

水中出産のデメリットは何??

水中出産は、メリットばかりではありません。実は、リスクも多く含んでいます。

水中出産のデメリット

水中出産のリスクとしてまず挙げられるのが、多量の出血です。水中では、血行が促進されるので、出血量が多くなります。また、陣痛の初期段階で水中に入ると疲労が増加し、陣痛が弱まることもあります。

それに、妊婦さんが入る水の衛生管理をしっかりしておかないと、生まれてくる赤ちゃんが感染症になる可能性があります。

さらには、産婦人科がプールを設置し維持するにも多額のお金が必要となるので、水中出産ができる施設が少ないというのが現状です。特に地方では、施設を見つけるのは相当困難であることもデメリットと言えます。

水中出産は、施設費などがかかるので、通常の分娩よりも高額になります。まだまだメジャーな出産方法とは言えないようですね。

水中出産ができない人

水中出産は誰でもできるという訳ではありません。赤ちゃんが逆子、双子以上の場合、早産の可能性があったり、肝炎や心臓病などの病気を患っている場合は、リスクが高まるのであきらめましょう。

日本の水中出産の現状は??

海外では、メジャーになりつつある水中出産ですが、日本ではまだまだ体制が整っていません。
実際、水中出産に対応している施設はいくつかありますが、体制や衛生管理も施設によって違うので、しっかりと確認しておく必要があります。また、水中出産がある施設でも、医師の判断によって、途中で水中出産から通常の出産スタイルに変わることもあります。従って、医師が出産に対してどのように考えているのかをしっかりと話し合っておくことも大切です。

水中出産の日本の現状

水中出産は、痛みが軽減するなど魅力的なメリットがたくさんありますが、それと同時にリスクもあるということが分かりましたか?「それでも水中出産がしたい!」と言うのであれば、リスクがあることも理解し、信頼できる産科さんや助産師さんのアドバイスを聞いて、決断しましょう。

PR