産後に生理がこないのは一体何故?授乳期間にも関係があります。二人目を計画しているのなら断乳も!
401views

産後に生理がこないのは一体何故?授乳期間にも関係があります。二人目を計画しているのなら断乳も!

産後に生理がこないのはプロラクチンというホルモンの影響を受けているからです。また産後から生理再開までの期間は個人差がとても大きく母乳育児中でも二カ月後に生理が来るという方や産後一年後にようやく来るという方もいます。授乳期間中は無排卵ということもあるので、生理が来ても妊娠しにくいということもあります。

産後に生理がこない!生理の再開は一体いつ?

産後の生理

産後に生理がこないことに悩まれる方もいるかもしれません。産後の生理の再開は赤ちゃんに母乳を上げているかどうかで決まります。母乳をあげている間は、ホルモンの影響で生理の再開が遅れる傾向にあります。

母乳をあげている期間は妊娠しにくい期間でもある!

赤ちゃんにおっぱいをあげていると、妊娠しにくくなります。出産後は新生児のお世話でママが一番大変なときでもあります。正直、間を開けずに二人めを作るのは、かなりママの身体にとっても負担です。また生理はすぐに来るよりも、できることなら後に来た方が、ママ自身も楽だと感じるのではないでしょうか。
しかし、生理が一年以上も来ないとさすがに不安に思うのではないでしょうか。実は、おっぱいを赤ちゃんにあげると、おっぱいをつくるためのプロラクチンホルモンが生産されます。このホルモンは、排卵を抑える効果があるため、生理も一時的にストップしてしまうのです。

産後に生理がこないのは個人差があります

赤ちゃんにおっぱいをあげているのに、産後二カ月目で生理が再開される女性もいます。確かに母乳育児中はホルモンの影響で生理がきづらくなるのですが、まれに早く来る方もいます。ただ生理が来ても、無排卵状態ということもあります。生理再開は、とても個人差があり、産後数カ月目ですぐに再開される方もいれば、一年半以上も来ないという方もいます。

添い寝添い乳をしていると生理が遅れる傾向がある

産後の生理は個人差

夜間、添い寝をしながら赤ちゃんにおっぱいをあげている習慣があるという方もいるでしょう。そうした方の場合、生理が遅れる傾向があります。その理由は、夜の間にプロラクチンホルモンが作られるため、母乳をあげることが刺激となってホルモンの分泌量が活発化されるためです。

授乳頻度によっても差があります

赤ちゃんにこまめにおっぱいをあげていると、生理が遅れる傾向にあります。
たとえば、働いているママの場合、授乳期間や授乳時間は子供に接しているときだけで、ほんのわずかな時間しか取れないという方の場合と、常に赤ちゃんと一緒に生活をし、頻繁に授乳をしている方の場合だと、やはり授乳時間や回数の多い方の方がプロラクチンの分泌量が増えるため、生理再開、排卵も遅れる傾向にあります。

二人目がすぐに欲しいのなら断乳も考える

産後の生理の断乳方法

年齢や家族計画などの問題ですぐに二人目が欲しいという方は、断乳のタイミングも考えなければなりません。また母乳ではなくミルクで育てるのも一つの方法です。最初からミルクだと、身体の方も次の妊娠に向けて準備を始めるため、排卵や生理が来るのが早まりやすくなります。

断乳してから数カ月後に再開することも

産後の生理は、断乳してから数カ月後に来るケースが多い傾向があります。なかなか生理が来ず、心配だと言う方は、断乳三カ月後、産後一年以上たっているのであれば、婦人科を受診してみるのもよいでしょう。
また生理は女性ホルモンと密接な関係があるため、断乳していても、育児ストレスなどで生理が遅れることもあります。産後は赤ちゃんのお世話で、ママが一番ストレスなどを感じやすいときでもあるため、のんびりとリラックスできる時間を作りましょう。

PR