助産院とはどんな場所?病院での出産と何が違うの?
23views

助産院とはどんな場所?病院での出産と何が違うの?

ベビーを授かったときに考えるのが、どこで産むかというかということではないでしょうか?自宅以外の出産場所の選択肢は、病院と助産院。助産院とはどんな場所?病院とどう違うの?と気になる方へ、病院と助産院の違いやメリット・デメリットをご紹介しましょう。

赤ちゃんをどこで産む?病院?それとも助産院?

待望のベイビーを授かってうれしい気持ちでいっぱいなマタニティママさん。

次に考えるのは、どこで産もうかなということですよね。助産院とはどんなところ?病院で産むメリットは?と迷われている方へ、それぞれのメリット・デメリットなどをご紹介しましょう。

助産院とはどんなところ?

助産院とはどんなところ?

助産院というと、自分の望んだ出産方法で赤ちゃんを産むことができる場所というイメージがないでしょうか?

助産院は、人間の持つ力を使って自然に出産ができる魅力のある場所です。さっそく、助産院のメリット・デメリットをみてみましょう。

【助産院のメリット】

・健診に時間をかけてもらえる
病院やクリニックの中には、妊婦健診にしっかりと時間をかけてもらえないところもあります。病院では、モニターをチェックして異常がない場合は、ほとんど医師との会話がないことも。

助産院では、妊婦さんの体重管理や食事指導、不安なことのヒアリングなど、一人一人の健診にしっかりと時間をかけてもらえる点がメリットです。

・妊婦の望むお産ができる
助産院では、妊婦が望む方法で出産ができます。畳の上でのフリースタイル出産や、家族の立ち会い出産、ストレスの少ない出産など、出産方法は様々。また、出産後も、母子同室で母乳中心の育児や、布おむつの使用など、産後の入院期間中も希望する育児ができるというメリットがあります。

【助産院のデメリット】

・医師がいないため、医療行為ができないところ
助産院には、助産師しかいないため、帝王切開などの医療行為をすることができません。自然出産を予定している妊婦さんに、万が一のことが起こった場合は、提携している病院と連絡をとり、そこの病院で緊急対応をすることになります。

・正常な妊娠以外は対応してもらえない
助産院では、赤ちゃんの状態が逆子であったり、双生児であったりするなど、出産時に特別な検査や処置が必要な妊娠は対応してもらえません。二人目の方は、一人目の出産時に帝王切開をしている場合も取り扱ってもらえないため注意が必要です。

病院とはどんなところ?

病院とはどんなところ?

では次に、赤ちゃんを病院で産むメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

【病院のメリット】

・最新の設備
総合病院のような大きな病院での出産の場合、新生児の集中治療室があるため、出産時に赤ちゃんに万が一のことがあっても早急に対応をしてもらうことが可能です。助産院の場合は、緊急事態発生の場合に病院搬送までに時間が掛かるというリスクがあります。

・複数の診療科がある
総合病院の場合は、さまざまな診療科があるため、妊婦さん自身が風邪をひいたときなどの診療がスムーズに受けられるでしょう。

・産後の赤ちゃんの診療が楽
出産後、赤ちゃんに先天性の病気などがあった場合、同じ総合病院の診療科をスムーズに紹介してもらえます。他の病院へ通う必要がないため便利ですね。

【病院のデメリット】

・妊婦健診の待ち時間
総合病院の場合、多くの妊婦さんが通院しているため、妊婦健診の待ち時間が長いというデメリットがあります。予約をとっていても、緊急出産などで医師が不在の場合、長く待たされることも。

・担当医が変わる
医師の数は多いですが、一人の医師に妊娠から出産までを対応してもらえない点もデメリットです。

病院のデメリット

いかがでしたでしょうか?これからどこで産むかを選ぶママさんは、助産院と病院のメリット・デメリットを比較して、出産場所選びの参考にしていただければ幸いです。

PR