自宅出産のメリットとは?自然なお産を求めて
20views

自宅出産のメリットとは?自然なお産を求めて

自然なお産を求めて自宅出産を選ぶ人がいます。 どういう人が自宅出産をしているのでしょうか? その実態と自宅出産のメリットについて紹介します。 あわせて、デメリットもしっかり学んで子どもを無事に出産することについて考えます。

自然なお産をしたいなら

できることなら自然なお産をしたいと多くの妊婦さんがのぞんでいることでしょう。

反対に、できることならツライことなく安心してお産をしたいと考える妊婦さんもたくさんいます。

どちらの気持ちも分かります。

最終的にはどのような出産方法を選ぶかは妊婦さんの判断です。そう、それだけに責任も大きい人生のプロジェクトなのです。今回は、あまり知らない自宅出産のメリットやデメリットについて紹介していきます。

自然なお産をしたいなら

こんな妊婦さんが自宅出産している

経産婦さんが自宅出産を選択するケースが多いと言われます。

一度目の出産の経験のもとに、希望がはっきりしているのですね。例えば、家庭的な雰囲気の中で家族みんなで感動の瞬間に立ち会いたい、兄弟たちにいのちについて知ってもらいたいという希望があります。

また、自然なお産を求めていろいろ調べた結果、自宅出産という結論にたどり着いた初産の方ももちろんいます。周囲からのすすめから馴染みの助産師さんにお願いするという方もいます。妊娠中の過ごし方から昔ながらのいいところを取り入れて、出産スタイルも自分の力で産むことができる自然派のスタイルを希望しています。

自宅出産できる妊婦さんは限られる

いくら自宅出産したいと思っても叶わない場合もあります。

大前提が、助産師が扱うことができる出産は法律によって決まっているということです。簡単に説明すると、合併症がなく、経過に異常がない場合だけです。

つまり健診で医師から注意が認められた場合であったり、骨盤位(さかご)や帝王切開歴があるなど母子ともに危険が伴うような場合は自宅出産できないことになります。

それでなくても、出産は絶対安全というものではなく、出血など思わぬトラブルがつきものです。緊急時に対応できる病院の方が母子のためになる出産もたくさんあるのです。

自宅出産できる妊婦さんは限られる

入院の必要がないこと

なにより、精神的な面にメリットがあります。

慣れない分娩台などの設備に緊張してしまうことなく、住み慣れた環境でリラックスして出産に望めます。これは考え方もひとそれぞれで、かえって産院の方が出産に集中できるという妊婦さんもいるいらっしゃるでしょう。

自宅出産を選ぶ方は、陣痛が始まっても移動の心配をしなくて良いので自宅の方が安心、出産を日常の一部に組み込んで自分自身が自然体でいられると考える方も多いです。

また入院の必要がないことをメリットにあげる人も多く、小さなご兄弟がいるご家庭は預け先や入院中の家事の心配が少なくなることや、上の子の精神的なケアができることなどがあります。入院分の費用が抑えられるというメリットもあります。助産院によっては、安産の度合いによって費用が抑えられる場合もあります。

入院の必要がないこと

自己責任と自己管理の意味

大前提としてよく考えなくてはいけないことは、なにより自宅での出産は医療現場から見えない遠いところにあるということです。このことは、手遅れになるリスクを意味します。そう言った意味で、自宅出産は自己責任と自己管理が求められる出産方法です。

そもそも出産は、母子の状況がはじめとおわりで状況が変わらないとは言えないものです。何かあって医療介入が必要な状況になってもすぐに医療行為を受けられないのです。

なにより無事に産まれてくることを

だからこそ、子どものために自宅出産を選ぶ妊婦さんは、自己管理をしっかりとして出産にのぞむとても意識の高い妊婦さんだと言えるでしょう。

しかし自然なお産にこだわりすぎて、かえって周りが見えなくなってしまっては本末転倒です。

自分にとっての理想の出産にこだわることなく、状況の変化によっては医療に託す勇気、あらゆる選択肢を許容して、なにより無事に子どもが産まれてくるベストな決断ができるお母さんでいることは必要ですね。

PR